ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カニエ・ウェスト、アルバムを毎年3枚リリースすると宣言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 カニエ・ウェストが今後、ほとんどの時間をレコーディング・スタジオで過ごすつもりであることをツイッターで宣言した。ウェストは3月12日、アルバムを毎年3枚リリースするという野心的なプランを発表したのだ。

 「ファッションの予定はもういれない……マッドマックスのように爆走する……1年で6作品……1年でアルバム3枚だ」とツイートしている。

 2月14日に最新アルバム『The Life of Pablo』をリリースして以降、ツイッター上で活発な動きをみせているウェストだが、考えが色々と廻るなかで先日、アルバムはもうCDの形態ではリリースしないとも宣言したばかりだ。

 「もう二度とCDを作らないと考えていた……ストリーミング配信だけにしよう」と述べると、2013年のアルバム『イーザス』のアートワークに触れ、「アルバム『イーザス』のジャケットは、CDが安らかに眠るための蓋が開いた棺さ」とツイート。「えっと、つまり……、俺はもうCDを出さない」と続けた。

 以前、情報筋が米ビルボードに明かしたところでは、『The Life of Pablo』のリリース戦略について当時、デフ・ジャム・レコードとユニバーサル・ミュージック・グループがウェストと密接に連絡を取りながら練っており、そこではフィジカル・バージョン(CDやレコード)でのリリースも予定されていた。

 ウェストが自分の言葉通りにするのであれば、2016年中にはアルバムがあと2枚出ることになる。

関連記事リンク(外部サイト)

カニエ・ウェストが早くも次のアルバムをアナウンス、タイトルは“PCエンジン”への敬意
カニエ・ウェストの“グラミー批判”に同協会CEOが返答
多額の借金抱えたカニエ・ウェスト救済に募金ページが開設

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP