ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イーグルスとしてのパフォーマンスはもうしない……ドン・ヘンリーが言及

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イーグルスのオリジナル・メンバーであるドン・ヘンリーが、長年のバンドメイトだったグレン・フライが先日亡くなったことを受け、同バンドの生存メンバーで再びパフォーマンスすることはないだろうと話していることが明らかになった。

 ヘンリーはジョー・ウォルシュとジャクソン・ブラウンとともに、フライへのトリビュートとして彼の代表曲「テイク・イット・イージー」を2月15日の【グラミー賞】授賞式で披露したが、その時の感動的なパフォーマンスについてイーグルスとしての“最後のお別れ”だと述べたのだ。

 BBCのインタビューのなかでヘンリーは、トリビューションできるとは思っていなかったことに触れ、「あれはお別れに相応しいものだったと思っている」としつつ、「我々が再びパフォーマンスすることはないと思う」と話した。。

 イーグルスのオリジナル・メンバーの一人だったグレン・フライは1月18日に亡くなった。67歳だった。フライはそれまで腸の病気と闘っており、そのためバンドは【ケネディ・センター名誉賞】の受賞を延期していた。

関連記事リンク(外部サイト)

イーグルスのグレン・フライ(67)が死去
イーグルスがケネディ・センター名誉賞を先送り……理由はグレン・フライの健康問題
ドン・ヘンリー(イーグルス)ミック・ジャガーら豪華ゲスト参加の“夢が叶ったアルバム”に大絶賛の声

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP