ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界のトップスターへ…インスピレーションを極限まで追求した、ゼイン渾身のデビュー作『マインド・オブ・マイン』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクが、2ndシングル「ライク・アイ・ウッド」を3月10日にリリースした。いよいよ今月末、3月25日に全世界同時発売される、デビュー・アルバム『マインド・オブ・マイン』からの先行シングルで、デビュー曲にしてNo.1タイトルとなった「ピロウトーク」に続き、2曲連続の首位獲得を狙う。

 ヒップホップをベースとした、オルタナティブ系R&Bトラックである前曲「ピロウトーク」とは対照的に、「ライク・アイ・ウッド」はデジタル音が印象的な、エレクトロ系のR&Bチューンで、大ヒットも記憶に新しい、ジャスティン・ビーバー初のNo.1ソング「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」に通ずる、最新のダンス・チューンだ。

 シングル・カットはされていないが、アルバムから3曲目に公開された「イッツ・ユー」も人気が高く、ゼインの色っぽいヴォーカルを見事に活かした、メロウ・チューンに仕上がっている。ダンス・ナンバーやポップ・ソングはお手の物だが、ゼインの魅力は、本来こういったバラード曲で発揮されるのではないかと思う。それだけ、彼のファルセットや硬軟自由に操るヴォーカルは、魅力的だ。

 アルバム・トラックは、R&Bを基盤に、ロック、レゲエ、バラード曲と幅広い音楽性をもった楽曲が揃っていて、長い間温めてきたという自身の構想が、ようやく形になったという。楽曲は全曲ゼイン自身が担当し、プロデューサーには「ピロウトーク」を手掛けたMYKLや、ジョン・レジェンドやアリシア・キーズのヒット曲を担当した、マレー等が参加している。彼らと長い間インスピレーションを追求した結果が、本作のクオリティに繋がったのだろう。

 2月に公開されたアルバム・アートには、自身の幼少期の写真を用い、話題を呼んでいる。リル・ウェインの『カーターIII』(2008年)に酷似しているとの声も挙がったり、1月末にリリースされたリアーナの『アンチ』でも子供時代の画像が引用されていることから、“パクり”疑惑も浮上したが、ゼインにとってはそんなことお構いナシだ。なぜなら、アートがどうであれ、本作の完成度とヒットは間違いないから。

 3月12日には、自身のインスタグラムでアルバム・タイトルである「Mind of Mine」の頭文字「M.O.M」を顔に掘った、タトゥーの画像がアップされている。おそらくフェイクタトゥーでないことから、ソロデビューの意気込み、本作への思い入れが伺える。もはや、「元ワン・ダイレクション」というカタガキは不要。アーティスト、ゼインとして『マインド・オブ・マイン』をリリースし、世界のトップスターへと駆け上がるのだ。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『マインド・オブ・マイン』
ゼイン
2016/03/25 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・シングル・チャート】ゼイン「ピロートーク」が初登場1位をマーク、1Dも成し遂げたことのない偉業達成
Song Review: 世界中が大注目する第一弾シングル「ピロートーク」から感じ取れるゼインの凄味とは?
ゼイン・マリク、待望の1stシングル「Pillowtalk」のリリース日を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP