ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48 約141万枚セールスで週間シングルチャート首位堅守、2位以下でカンガル、aiko、アルスマグナらが熾烈な争い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月21日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”は、予想通りAKB48のニューシングル『君はメロディー』が約141万枚のビッグセールスを叩き出し、連続初登場1位の記録を更新した。

 宮脇咲良がセンターを務めた本作は、グループ10周年記念シングルとして前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子ら卒業生が参加。大きな売上が期待されていたが、発売3日間の集計ですでに約135万枚という圧倒的な数字を出していたこともあり、今回もチャートを制する結果となった。

 また、2位以下で熾烈なチャート争いも。その中で見事に2位の座を獲得したのが、ももちこと嗣永桃子率いるカントリー・ガールズの『ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~』。3位にはaikoの新作『もっと』と続いており、その後はアルスマグナ『マシュマロ』、高橋優『さくらのうた』がチャートイン。それぞれ好調なセールスを記録しており、総じてレベルの高いTOP5となっている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2016年3月21日付)
1位.AKB48『君はメロディー』
2位.カントリー・ガールズ『ブギウギLOVE / 恋はマグネット / ランラルン~あなたに夢中~』
3位.aiko『もっと』
4位.アルスマグナ『マシュマロ』
5位.高橋優『さくらのうた』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】AKB48『君はメロディー』、ミリオン越えでトップをひた走る!
やくしまるえつこが歌うセイコーブランドMV「Art of Time」本日より公開! 楽曲を手がけたのは社長と社員!?
ピアニスト上原彩子インタビュー、「2人の作曲家を通してロシアの混沌とした雰囲気を感じて」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP