ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「とろろ風卵かけご飯」つくってみた 簡単だけどふわとろ~でくせになりそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

卵かけご飯というと、朝食からちょっとしたお夜食までと幅広く愛される国民的メニュー。また、好みのトッピングをのせることで、色んなバリエーションが楽しめることでも知られています。

最近ではTKGという略語まででき、さらに人気の高まりをみせていますが、この度「まるでとろろご飯みたいにな、ふわふわ卵かけご飯」という食し方をクックパッドで発見!
とろろ風卵かけご飯とでも言いましょうか……とにかく気になって仕方なくなってしまったので、早速ためしてみました。

【関連:マツコさん絶賛の「牛乳リゾット」 一足話題に乗り遅れ今頃つくってみたよ】

■材料

・ご飯:1人前
・卵:1個
・醤油:小さじ1
・ふりかけ:小さじ1 (種類はお好みで)

■つくりかた

作る手順は簡単で、まず最初に卵だけをまぜます。次に、ご飯1/3を溶き卵にいれ、泡立てるように思いっきりまぜる。
まぜた卵を残した2/3の白米の上にのせ、ふりかけ、醤油をかけたら完成!

やることはたったこれだけなのですが、白米と溶き卵を先にまぜたことにより、確かにとろろのようなふわっとした仕上がりの卵がけごはんに。何回かつくって試してみましたが、最初に混ぜる時はあまり白身と黄身が混ざりすぎない程度にざっくり混ぜ、溶き卵にまぜるご飯の量を1/2くらいにするとより泡立つ気がしました。

そして食べた結果はというと……ふりかけの食感が良いアクセントになり、全体まぜなくても少しずつ崩しながら楽しんで食べることができました。ふりかけと醤油ってちょっと塩分多いかな?と最初気になっていましたが、食べてみるとちょうどいい加減。もし足りない時にはふりかけの量をふやすなどして調整してください。

でも、せっかく立てた泡がご飯にしみてすぐ消えてしまうのが残念なところ。仕上げの写真を撮るときも、何度も作りなおして撮影しました。でもふわっと食感は食べる最後までほぼ変わりませんでしたよ。

最近はちょっと手の込んだ卵かけご飯が人気ですが、時間と手間がかかるのが難点。これならば、普段の卵かけご飯に飽きたとき、思い立ってすぐ食べられるのがいいですね。
ちなみに泡立ちを良くしようと、先にメレンゲをつくってまぜる方法もためしましたが、「すっごくまずくなる」のでやめたほうがいいです。普通に溶き卵にご飯を入れ、力一杯まぜる方法で必ずやってください。力一杯まぜればそれなりに泡立ちます。

■本家「とろろ」と相性ばっちりの「生魚」とはあうかな?アレンジしてみた

さて、ちょっと気になったこともあります。とろろと言えば、生魚との相性抜群!このとろろ風卵かけご飯に合わせたらどうなるのか?

急ぎスーパーに走り材料を調達し、せっかくなので試してみましたよ!
盛り合わせたのは、丁度売られていたかつおのタタキ。
これを卵かけご飯の上にちょこんと乗せ、わさびをちょん!そして醤油をかけて食べてみました。

結果は……「あわないわけがなかった!」。口の中で広がるかつおの味と、ふんわり卵かけご飯が絶妙にとけあってまさに「口福」……。酒のお供にもピッタリです!
好みで刻みネギやミョウガを乗せてと更にアレンジしても楽しめそうですね。

材料さえそろえば今すぐつくれる「とろろ風卵かけご飯」。思い立ったらすぐチャレンジを!

▼参考レシピ
クックパッド『妻も知らない 男のこだわり卵かけご飯』(1668216

(文:宮崎美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

マツコさん絶賛の「牛乳リゾット」 一足話題に乗り遅れ今頃つくってみたよ
社畜救済アイテムと話題の「シュンケル」摂取してみた
簡単なのに豪華な『タモリ流幸せ丼』 食べた瞬間口の中に幸せが広がる!

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP