ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『イップ・マン3』が世界興行収入でトップ、映画『ズートピア』は2億ドル越えのヒット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


警察官を夢見るウサギ、ジュディが主人公となる米ウォルト・ディズニーのアニメーション映画『ズートピア』は、世界的に大ヒットしている。

米国市場で優位を占めただけでなく、本作は全世界で6340万ドルもの興行総収入を記録した。ここには、中国で封切られてからの2400万ドル、ロシアでの興行収入790万ドルが含まれる。ディズニーのアニメ映画として、またピクサーの作品としても、過去にこの両国で封切られた中では最大の成功を収めている。

映画『ズートピア』は、国によってはすでに公開から4回目の週末を迎えた。同作の全世界での累計興行総収入は2億3250万ドルにのぼるが、まだいくつかの市場で公開が控えている。オーストラリア、ブラジル、英国では3月下旬、日本では4月23日に公開される予定だ。

しかし、これだけの大ヒットを記録しても、同作は海外の興行収入のトップにはなれなかった。その栄誉は、3つのテリトリーで7500万ドルの興行収入を記録し、その大部分を中国市場で稼ぎ出した香港のアクション映画シリーズの続編『イップ・マン3』の手に渡った。

映画『デッドプール』は、興行収入2120万ドルを記録して3位の座に着いた。マーベル・コミック原作のヒーロー映画である同作は、世界で7億4210万ドルの興行総収入を記録した映画『マトリックス リローデッド』に迫る勢いを見せており、R指定の映画としては、世界最高の興行収入を記録するだろう。『デッドプール』は公開から4週を経た現在、累計では6億7320万ドルの興行収入を稼いでいる。

エジプト神話の神々が大バトルを繰り広げるアクション・ファンタジー映画『ゴッド・オブ・エジプト』は、1570万ドルで興行収入4位となり、世界市場を含めたトータル成績で7240万ドルとなった。1億4000万ドルの製作費をかけ、数千万ドルのマーケティング予算で売り出した本作だが、採算を取れる見込みは薄いと言わざるを得ない。

サバイバル・アドベンチャー映画『レヴェナント:蘇えりし者』は、1250万ドルの興行収入で5位となった。過酷な大自然の中に瀕死の状態で取り残された1人の男(レオナルド・ディカプリオがこの役でアカデミー主演男優賞を受賞)の物語は、2015年12月25日のプレミア公開から全世界の累計で4億2900万ドルの興行収入を記録している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP