体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋生まれの全国区お菓子「しるこサンド」の専門店!「しるこサンドの森 あん・びすきゅい」

f:id:Meshi2_IB:20160103143250j:plain

名古屋人は大のあんこ好き。バタートーストにたっぷりとあんこをのせた「小倉トースト」を朝から食べるし、小倉とマーガリンをサンドした菓子パン「小倉&ネオマーガリン」がスーパーやコンビニの人気ランキングに常時入っているほどだ。

なぜ、そんなにもあんこが好きなのか。その理由は東海地方の茶の湯文化が大きく関わっているらしい。東海地方では江戸時代末期頃から茶の湯が大流行し、抹茶を楽しむ習慣が市井の人々にまで広がったそうで、その名残として、今でも和菓子を扱う店の数は全国でもトップクラスなのだ。

何でも、物資が不足していた終戦後でも、なぜか名古屋には砂糖が豊富にあり、あんこを使った和菓子も作られていたらしい。余談だが、米粉と砂糖を原材料とした「ういろう」も終戦後ほどなくして生まれたという。あくまでも仮説の域を出ないが、甘いものが身近にあったからこそ、独自のメニューが生まれたのだろう。

人気の秘密は「3枚食べてじんわりと広がる絶妙な甘さ」

さて、今回はそんな名古屋人が大好きなあんこを使ったお菓子「しるこサンド」を紹介しよう。

f:id:Meshi2_IB:20160103142546j:plain

名古屋人にとってはすっかりお馴染みどころか、名古屋のソウル菓子ともいうべき存在だが、知らない方のために「しるこサンド」について解説する。

「しるこサンド」の製造元は、愛知県小牧市に本社がある松永製菓(株)。創業は昭和13年で、もともとはキャラメルを作っていたという。

f:id:Meshi2_IB:20160103142612j:plain松永製菓株式会社、広報担当・藤田大輔さん

昭和31年にはビスケットの製造を開始しましたが、ずっと看板商品と呼べるものがなかったんです。そこで、洋菓子のビスケットに和の要素を加えられないかと考えたのがはじまりです(広報担当、藤田大輔さん)

和の要素。それが地元で圧倒的に支持される「あんこ」だったわけである。当時からクリームをサンドしたビスケットを商品化していたが、それらと差別化するべく、ビスケットの生地とあんこを焼き上げる前にサンドするという、独自の製法を試みた。

ところが、生地とあんこが剥がれてしまうという問題が起こりました。試行錯誤を繰り返した結果、構想から1年後の昭和41年に『しるこサンド』が誕生しました。物珍しさもあって、またたく間にヒット商品となりました(藤田さん)

f:id:Meshi2_IB:20160103142648j:plain

ビスケットにサンドしているのは、北海道産のあずきとリンゴジャム、はちみつなどを練ったあん。粒あんではなく、こしあんを使っているため、「おしるこサンド」も商品名の候補に挙がったが、語呂のよさから「しるこサンド」と名付けられた。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。