ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

達川光男氏 セは優勝狙える広島、パはオリックスに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年プロ野球開幕の日が近い。現役時代は広島の正捕手として活躍、のちに監督も務めた野球評論家の達川光男氏に、2016年シーズンの順位と個人タイトル獲得者の予想を聞いた。

●セ・リーグ予想
(1)広島、(2)ヤクルト、(3)阪神、(4)巨人、(5)中日、(6)横浜

●パ・リーグ予想
(1)ソフトバンク、(2)日本ハム、(3)西武、(4)オリックス、(5)ロッテ、(6)楽天

 優勝は広島しかありません。ルナの加入、エルドレッドが開幕からいけるのが大きい。投手もマエケンがメジャー、大瀬良(大地)が肘痛で抜けたが、ジョンソンと黒田(博樹)で10以上の貯金ができればあとは5割でエエ。セは団子状態だから十分戦える。

 強敵はヤクルト。捕手が固定できている広島とヤクルトが出てくる可能性が一番高いと思う。

 パはソフトバンクやね。対抗馬は日本ハムだけど、大谷が二刀流を続けるうちは難しいと思う。捕手の炭谷(銀仁朗)がしっかりしていて投手陣が揃っている西武も怖い。オリックスも金子(千尋)の調子がいい。2位でもいいと思っている。2~4位は入れ替わりがあるね。ただ、ロッテと楽天は投打ともに苦しいかな。

●個人タイトル予想
セ=首位打者:菊池涼介(広島)、本塁打王・打点王:筒香嘉智(横浜)、最多勝:ジョンソン(広島)、最優秀防御率:菅野智之(巨人)、最多奪三振:大野雄大(中日)

パ=首位打者・本塁打王・打点王:柳田悠岐(ソフトバンク)、最多勝・最優秀防御率:和田毅(ソフトバンク)、最多奪三振:則本昂大(楽天)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
江本孟紀氏 セは中日が優勝、根拠は2つある
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗
「我が阪神タイガースは贔屓目に見ても最下位か」と江坂彰氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP