ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米大統領選「史上初の幼稚さ」「行く末真っ暗」と落合信彦氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プーチンや金正恩の暴走によって「2016年のいま、世界は戦争の危機に陥っている」とジャーナリストの落合信彦氏は指摘する。だが、それを抑制する存在であるはずのアメリカのリーダーシップは欠如している。落合氏は今まさに山場を迎えているアメリカ大統領選挙の候補者たちにも、「真のリーダー」はまったく見当たらないと語る。

 * * *
 オバマのリーダーシップのなさが金正恩の暴走を許していることはたびたび指摘しているが、オバマ後のアメリカを担う大統領候補の顔ぶれを見ると、これまた絶望的な気分になる。

 候補者の公開討論会を見ていると、単なる誹謗中傷の応酬だ。低レベルにもほどがある。
 
 その代表格は、共和党の“暴言王”ドナルド・トランプだ。2月の討論会では、ライバルの上院議員テッド・クルーズに対し、「最大のうそつき」呼ばわり。元フロリダ州知事のジェブ・ブッシュには、兄のジョージ・ブッシュが始めたイラク戦争を「とんでもない間違いだ」と罵った。
 
 言われたジェブ・ブッシュも同レベルで、「トランプ氏がテレビ番組を制作している間、私の兄は安全を守るための仕組みを作った」と言い返した。するとトランプは「ワールド・トレード・センタービルが崩れ落ちたのは、お前の兄の任期中だ。それを忘れるな!」と反撃した。
 
 司会者が場を落ち着かせようとしても、候補者たちはそれを遮ってお互いを非難するばかりだった。金正恩が核実験やミサイル発射といった「悪ガキの火遊び」をしている間、アメリカでは「ガキのケンカ」をしているだけなのだ(サウスカロライナの予備選が終わった時、ジェブ・ブッシュは選挙戦から降りてしまった)。
 
 トランプが演説会を開くと多くの共和党支持者が集まる。が、子連れの女性たちは、トランプの言葉が汚すぎて子供に聞かせたくないから、帰ってしまうという。
 
 民主党も低レベルだ。ヒラリー・クリントンは、上院議員のバーニー・サンダースをこう批判した。
 
「サンダース氏は、オバマ大統領のことを『弱腰』『期待外れ』といったが、まるで共和党のような批判だ! それでもオバマ大統領の職務を継ごうという人の発言か」
 
 対するサンダースは、「(2008年の大統領選の際、クリントンと違い)私は、オバマ氏を敵として大統領選に出たことはない」と反論した。

 彼ら候補者たちの言葉のどこからも、「アメリカの未来」は見えてこない。誰も超大国のリーダーになるという自覚がないのではないか。大統領選は、小学校の学級委員長選挙ではないのだ。
 
 私は長くアメリカ大統領選を取材してきたが、こんな幼稚な選挙戦を見るのは史上初めてだ。
 
 3月1日には前半戦の大きな山場となるスーパーチューズデーを迎え、そして3月15日にはフロリダなど大票田での予備選・党員集会が実施され、候補者選びの大きな流れが見えてくるだろう。
 
 その結果、もし共和党候補がトランプ、民主党候補がサンダースになったら、アメリカ国民は「究極の選択」を迫られることになる。
 
「私はISをとことん爆撃しまくる。ポンプを爆撃する。パイプを1インチも残らず吹き飛ばす」「株安は中国、お前らのせいだ!」と豪語する、危なっかしいトランプを大統領にするのか。極端な社会主義者でオバマ以上のバラ撒きを訴えているサンダースをリーダーとするのか。どちらにしても、アメリカの行く末は真っ暗だ。
 
※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
米の低レベル高校生、殺人事件が日常の街等をリポートした本
【ジョーク】イラン大統領「オバマ無能」への対立候補の反応
米大統領選 ロムニー氏の公約は“健康保険制度廃止”だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP