ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メタボのイメージ強い糖尿病 60歳以上は痩せ型も要注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 予備群を含めれば患者の数は2000万人。「糖尿病」は日本人の国民病ともいえる。ところが、同じ病名なのに60歳を境に、合併症の危険や治療の常識が変わるという──60歳という人生の節目を機に、体のケアに対する考え方をどのように変えていけばいいのだろうか。60歳になってから糖尿病と診断されたA氏がガックリと肩を落とす。

「還暦を迎えてようやく仕事も一段落したのにショックです……。元々、血圧が高めで最近は体力的に“老い”を実感していましたが、ますます先行きが不安になりました」

 A氏のような“還暦糖尿病”は決して例外的なケースではない。厚生労働省の「2014年国民健康・栄養調査」によると、60代の糖尿病有病率(疾病が強く疑われる人の割合)は50代のおよそ2倍となる20.1%に達する。

 なぜ、60歳を超えると糖尿病患者が増えるのか。芝浦スリーワンクリニックの板倉広重名誉院長が解説する。

「60歳を過ぎると老化による身体機能の衰えや、身体活動量の減少など生活習慣の変化などにより、糖尿病にかかりやすくなります。若い世代より格段に発症リスクが増加します」

 単に発症しやすくなるだけではない。60歳以上の糖尿病は「よりリスクが大きくなる」と警告するのは、銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎院長だ。

「高齢者の糖尿病は重篤な合併症を起こしやすく、最悪のケースでは死に至ることもあります。若年層と高齢者の糖尿病対策は大きく異なるので、細やかな世代別のリスク管理が求められます」

 60歳を境にリスクや治療法が大きく変わるという糖尿病。専門家の解説とともに、その違いを見ていこう。

 糖尿病といえば「メタボ」のイメージが強い。確かに若い世代では暴飲暴食など生活習慣の乱れ→肥満→糖尿病というケースが多い。しかし、60歳以上は「痩せ型」でも糖尿病になる人が増えると前出・板倉名誉院長は指摘する。

「60歳以上は糖を消費する役割を持つ筋肉の量が減る一方、目立ちにくい内臓脂肪が増加して、見た目は痩せていても糖尿病の患者というケースが出てくる。内臓脂肪が増えて脂肪肝になると、肝臓が糖を取り込めず糖尿病を発症しやすくなる」

 糖尿病は基本的に自覚症状がなく、血糖値などの数値が指標とされることが多い。ただし、高齢者の場合は、いくつかの「兆候」が現われることがある。

「糖尿病に気付かず放置していた高齢者は喉の渇き、1日10回以上の頻尿、全身の倦怠感という3つの自覚症状が出ることがあります。若年者と比較して高リスクですので、そうした症状を感じたら、糖尿病を疑いましょう」(前出・泰江院長)

 加えて「急激な体重の減少」にも注意したい。

「生活習慣は変わらないのに1か月で3kg以上の体重の減少があり、倦怠感や頻尿を併発するケースは重症の糖尿病を疑うべき。一刻も早い受診を勧めます」(同前)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
白米1日5膳以上の男性 3膳未満より糖尿病リスク1.16倍高い
糖尿病黄斑浮腫 働き盛りの視力障害原因病に新しい治療法登場
熱中症とペットボトル症候群は初期症状が似ているので要注意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP