ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

主婦向け求人が増加 主婦が職を得やすいその根拠

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年9月に政府が女性の積極活用の企業優遇を打ち出したこともあり、主婦を労働力として積極活用しようと考える企業が増えている。

「男女雇用機会均等法制定当時に就職した、50才前後の女性に対する企業側の期待は高くなっています」

 そう語るのは、「しゅふJOB総研」所長の川上敬太郎さん。主婦を取り巻く就活の現状はどうなっているのだろう?

 少子化が進む日本の労働力不足は深刻だ。厚生労働省の調査によると、2001年から2015年までの労働力人口は、約150万人も減少しており、2025年までには、さらに300万人減ると予測されている。

 そんな中、パート&アルバイトの有効求人倍率が、2015年11月に2.03倍と、過去最高を記録。主婦向け求人媒体「しゅふJOBサーチ」での主婦の求人数も、2012年1月から2016年1月までで、約15.5倍と飛躍的に増加している。その一方で、応募数は8.6倍にとどまっており、主婦は今、職を得やすくなっているのだ。

「2020年に開催予定の東京五輪が控えるなど、多くの企業は業務を拡大しようと、どんどんアクセルを踏みたい時期。労働力確保は切実です。

 これまで労働力市場で戦力化が遅れていた主婦ですが、就業能力、コミュニケーション力など、総合的な力を兼ね備えているとして注目されています」(川上さん)

 つまり、かつて働いた経験があることはもちろん、ご近所づきあいやPTA活動などで培われた交渉術は、ビジネスでも大いに役立つと、再評価されているのだ。

「特に、40代半ばから50代前半のR50主婦層は、争いごとを回避する人当たりのよさが接客業に、決められたことをきちんとこなす勤勉さや、責任感の強さが職場のまとめ役にと、求められる仕事が拡大。主婦が働きやすい時間を設定するなど、積極的に採用しようという企業も見られます」(川上さん)

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
アベノ不況 正規社員1か月で17万人減少し求人倍率は0.68倍
主婦の就職面接「スマホを使っていますか?」の質問が増加中
安倍政権「女性が輝く日本」は主婦を働かせようキャンペーン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP