ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

体内クレンズでジャンクフードを欲しがらない体になれる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クレンズといえば、モデルでタレントのローラさんが実践して話題になった「ジュースクレンズダイエット」が有名ですが、そこまで極端にせず老廃物を溜めない生活を心がける「クレンズ習慣」なら簡単に実践できるはず。今回はサビない体になれるクレンズ法を紹介します。

そもそもクレンズってなんのこと?

クレンズとはクレンジングと同じ洗浄という意味で使われていて、体内や臓器をきれいにして休ませてあげること。日本ではデトックスと同義に使われていますが、本来は「毒を出すことが目的」のデトックスに対して「自然に排出できる体をつくる」のがクレンズなのだそうです。流行したジュースクレンズやマスタークレンズは、絶食して野菜ジュースや酵素ジュース、レモネードのみを数日間摂取するという素人にはなかなか厳しいもの。そのやり方も間違って広まっていて、逆に体を壊してしまうこともあったようです。

どんな人も体には毒素が溜まるもの

私たちが意識してやらなくても、健康でいられるように人間の体はせっせと働いています。便利になったり文明が進化したぶん、体に負担がかかることが多くなったのも事実。体内の解毒作用もそのひとつで、有毒物質や老廃物は腎臓や肝臓で解毒されて尿や便と一緒に排出されます。しかし、頑張っても排出できるのは70%程度。残りは体内に蓄積されてアレルギーや疾病を引き起こすといわれています。便秘がちな場合は毒素が再吸収されてしまったり、腸に毒素が長時間あることで善玉菌が死滅し免疫力が低下する可能性も。そのためデトックスや便秘解消が必要になってくるのです。

デトックスウォーターの代表はレモンウォーター

マスタークレンズでもレモネードが使われますが、レモンのビタミンCには肝臓の働きをサポートし解毒効果や免疫力アップ効果があるため。豊富なクエン酸は代謝促進や疲労回復効果、尿酸の排出効果があります。今回は、毎朝飲みたいクレンズレモンウォーターの作り方を紹介します。白湯を冷ましたものか、常温の水200cc程度にレモン1/2個を絞り入れ、カイエンペッパーか赤唐辛子の粉末をほんのひとつまみ入れるだけ。飲みにくい場合はハチミツや天然のメイプルシロップ(甘味料はダメです)を入れるとミネラル入りのレモネードになります。レモンは生のレモンを使ってくださいね。これを朝一番の空腹時に飲みます。胃腸に刺激が強めなので体に合わない場合は飲まないでください。

朝一番にレモンウォーターを飲む習慣にしてしまえば、老廃物を自然に排出してくれる体になり、体の毒にもなるジャンクフードを欲しがらない体になれるそう。体の中からきれいになるために実践したいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP