ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男性は、女性の「美しさ」よりも「賢さ」を重視しつつある(研究結果)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、男性のパートナー選びの基準が、「美しさ」よりも「賢さ」を重視するように変化しているのだとか。

研究者が紹介した、3つの要素は以下のとおり。

01.
男女平等化によって
価値観が変化した

国ごとの文化を調査した結果、男女平等な社会基盤がある国であるほど、「稼ぐ男性」や「若く美しい女性」が価値として重要視されない傾向にあったそうです。

例えば、ジェンダーフリーな社会基盤があるフィンランドの男性は、教養のある女性に対して、より興味を示したそう。

02.
「共働き」が増えた

研究によれば、「一家の稼ぎ頭」や「専業主婦」は減少中。例えば、アメリカでは18歳未満の子どもを持つ母親の70%が働いています。さらに、共働きしている家庭の38パーセントにおいては、妻のほうが夫よりも収入が多いとのこと。

03.
パートナー選びの基準が
多様化している

研究に携わったEagly氏は、こうコメントしています。

「今は、生活を支えるために共働きするのが当たり前の時代です。多くの男性が、より高い賃金を得られる、教養のあるパートナーを求めるようになっています。そして、魅力的な女性のために、男性が容姿や家事のスキルを磨くことも考えられます」。

SAGE journal」 に掲載された2013年の統計では、専業主夫が増えていると言われていました。極端な例とも言えますが、子どもをベビーシッターに預けるかわりに、夫に家事や育児を依頼するキャリア思考の女性が増えていたとも。

キッチン男子やイクメンが注目されるのも、暮らしが多様化した結果なのかもしれませんね。

Reference:European Review of Social Psychology,SAGE journal.
Licensed material used with permission by The Science Explorer.

関連記事リンク(外部サイト)

女性社員がイライラする「4タイプの男性」とその対処法
フランスで「帰宅後の仕事メール」を無視しても良い法案が提出される!?
20代で近づくと、危険な男性「6つのタイプ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP