ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

帰省の手土産に! 東京駅付近で調達できる、話題のスイーツ3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐお彼岸。このタイミングで帰省する人も多いハズ。帰省時に頭を悩ませるのが、手土産を何にするか。せっかくならば気の利いた、皆に喜ばれるものを選びたい。そこで新幹線の始発駅でもある東京駅近辺で手に入る、話題のスイーツをまとめてみた。

1.【大丸東京店】「<パティスリー キハチ>さくらロール」
まずは東京駅直結の「大丸東京店」から。地階・1階食品フロア「ほっぺタウン」では、3月15日(火)~4月12日(火)まで「お花見スイーツフェア」を開催。この時期にしか食べることできない桜スイーツを約50種販売している。写真は、パティスリー キハチの「さくらロール」。桜色のスフレ生地や苺クリームが見た目にも美しい。各日限定5個販売。2,160円。

 

2.【ザ・メープルマニア】「メープルバタークッキー」
現在期間限定で、東京駅構内のGRANSTAびゅうアルッテ横の臨時売店に出店中なのが、メープルお菓子専門店のこの店。一番人気の「メープルバタークッキー(9枚入り/864 円<税込>」のほか、メープルシロップたっぷりの「メープルフィナンシェ」、しっとり柔らかな「メープルバームクーヘン」を販売中。

 

3.【ギャレット ポップコーン ショップス®】「抹茶キャラメルクリスプTM」
日本でも大人気の、アメリカ・シカゴ生まれの老舗ポップコーン・ブランド「ギャレット ポップコーン ショップス®」のポップコーンが手に入るのが、東京駅一番街の地下1階。3月15日(火)からは「和」の代表格である抹茶フレーバーが、期間限定・数量限定で復活販売される。抹茶のほろ苦さとキャラメルの奥深い甘さとの調和が絶妙。Sサイズ(450円)など。

ストレートプレス:STRAIGHT PRESS - 流行情報&トレンドニュースサイト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP