ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もう世界に出よう。グッチのインスタプロジェクト #GucciGram

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリエイティブディレクターにアレッサンドロ・ミケーレが就任してから、見るのが楽しくて仕方ないGucci(グッチ)。

ZARAやH&Mなどファストファッションの台頭で、ハイブランドはどこも苦戦を強いられているなか、ファッショニスタたちを熱狂させてくれています。

そして、もちろんファッションはいまや雑誌ではなく、Instagramで楽しむもの! と言い切ります。情報のスピードはもちろん、自分の好きな世界観を堪能できるInstagramは、ファッションを楽しみたい人にとって現時点では最高のツール。

言葉の壁をとっぱらったInstagramは、情報を受け取るだけではなく世界へ発信できるのも大きな特徴。その画像センスで有名無名関係なく誰もが世界から注目される可能性を秘めています。センスだけで勝負できるのがInstagram。

翻ってグッチ。

今回Instagramを使ったプロジェクト「#GucciGram」を始動することを発表しました。特設されたサイト「gucci.com/guccigram」でアレッサンドロ・ミケーレは下記のように表明しています。

「#GucciGram is a starting point to tell different stories,which are all united by a great freedom.Today creativity is often born and finds its voice digital media,a vital source of visual culture.」

「#GucciGramは、「自由」という概念のもとにあつまる物語を伝える起点となるもの。いま、クリエイティビティは活力にあふれたヴィジュアルカルチャーの源泉である、デジタルメディア上で生まれています」

クリエイターの根幹「自由」に着目したプロジェクト。そして、自由なクリエイティビティはいま、デジタルの発達によって表現の可能性は広がっていくばかり。そんなアレッサンドロの想いを受けて「#GucciGram」はスタートしました。

プロジェクトでは、グッチのトレードマークである「GGブルームス」と「GGカレイド」をフィーチャーしたアート作品を「#GucciGram」をつけてInstagramへポストしていくというもの。そして、その作品たちはプ「gucci.com/guccigram」で紹介されていきます。

有名なアーティストやインフルエンサーへの呼びかけから始まったプロジェクトですが、もちろん無名な人だってInstagramで「#GucciGram」をつけてポストすれば参加可能。3月14日午前9時の時点で、「#GucciGram」をつけてポストされた画像はすでに5,000件を超えています。

@theprofessionalbruncherが投稿した写真 – 2016 3月 13 3:45午後 PDT

By Sofia Benbrahimさん(@shoelifer)が投稿した写真 – 2016 3月 13 2:01午後 PDT

Niksonさん(@dutches_nikita)が投稿した写真 – 2016 3月 13 4:53午前 PDT

Harper’s Bazaar en Españolさん(@harpersbazaarmx)が投稿した写真 – 2016 3月 10 4:58午後 PST

☁️Teresa☁️さん(@teeteeheehee)が投稿した写真 – 2016 3月 9 8:21午後 PST

これだ! と思ったら、今すぐ動いてしまうことが、自分を一番楽しくさせる最も速く簡単な方法。誰かが決めた「おしゃれ」の価値がなくなったいま、自分のセンスを堂々と信じてアウトプットしていくことを声を大にしておすすめしたいです。

そして、アレッサンドロ・ミケーレのグッチにこれからも熱狂していきます。

#GucciGram

image by gettyimages

文/編集部・篠田慶子

■ あわせて読みたい

男ウケするモテ服なんてとうに捨てた。でも、結婚したい。
男子は「女子クイズ」が正直しんどい
男性の「何回めのデートでキスする?」にドキドキさせる返答
男子は「肉食女子」が正直しんどい
いい男は作る。理想の彼の育て方【まとめ】
ユニクロで激アツコラボ。チェックを急いで #uniqloandlemaire
春。自分をアップデートする【まとめ】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP