ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マシュマロでふっくら美肌。実は低カロリーでコラーゲンたっぷり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マシュマロでふっくら美肌。実は低カロリーでコラーゲンたっぷり<br />

今日はドキドキのホワイトデー。バレンタインデーのお返しが届くかしら?と心弾ませたる女子が学校や職場で続出! ホワイトデーの贈り物といえば、ホワイトチョコ、クッキー、キャンディのほかにマシュマロが定番です。低カロリーでコラーゲンたっぷりな優秀おやつ、マシュマロについて調べてみましょう。

マシュマロってそもそも何?

アオイ科のウスベニタチアオイの根をすりつぶしたのがマシュマロです。のどの痛みや炎症を鎮めるために、マシュマロとはちみつを混ぜた飴を古代エジプトの王族が古くから用いてきました。19世紀のフランスでは、マシュマロを使ったお菓子が作られましたが、現在スイーツとして食べるマシュマロは、ゼラチン、砂糖、水あめ、コーンスターチ、卵白から作られます。植物を使わないので薬用の成分は入っていませんが、美容にはうれしい成分がたっぷり含まれています!

低カロリーで美肌にいいマシュマロ

マシュマロは10個食べてもカロリーは約25kcalとローカロリー。ショートケーキを1個食べると300~400kcalなのでダイエット中の人は、ケーキをマシュマロに換えてみるとよいでしょう。小麦粉を含まないので、グルテンフリーにこだわる人にもおススメです。ゼラチンは、牛・豚・魚のコラーゲンを分解したもので、主成分は動物性たんぱく質。ゼラチンを食べると90%以上が体内で分解されてコラーゲンになります。ご存じのようにコラーゲンは肌のハリやツヤを保つ美容成分。しかも、マシュマロ10個で必要なコラーゲン摂取量を補えます。ゼラチンは熱を加えて溶かすと消化吸収がよくなり、腸のはたらきを活性化するので便秘解消にも効能があります。

マシュマロアレンジメニュー

マシュマロのアレンジといって思い浮かぶのが焼きマシュマロ。そのほかにも一晩マシュマロをヨーグルトに漬けたマシュマロヨーグルト、ポップコーンとマシュマロをバターで炒めたキャラメルポップコーン、食パンにマシュマロを並べてレンジで焼くマシュマロトーストなどが女性には好評。生キャラメルも簡単にできるので作ってみましょう。マシュマロ、バター、生クリームをフライパンで溶かしてきつね色の液になったら、クッキングシートを敷いたお皿にその液を流し込んで1時間ほど冷やすだけ。簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね!

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP