ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早めに確認!大学受験の日程の種類とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一口に大学といってもその数はとても多く、さらに同じ大学でも学部や試験方式によって受験の日程は違う為、複数の大学や学部、異なる試験方式で受験する場合は、実はスケジュール管理も大変なんです。そこで大学受験日程の仕組みの簡単な説明と、日程調整の心構えについて簡単にご説明します。

一般大学入試の受験日程は?

学部や受験方式(A方式・B方式など)によって細かい違いはありますが、多くの私立大学は2月上旬から始まります。早稲田、慶応といった一部の難関私立大学は、2月中旬~下旬に集中しています。国立大は前期が大体2月25日から始まり、中期、後期は3月の上旬あたりであることが多いです。

AO入試、センター利用入試の受験日程は?

一般入試に比べて受験日程が早いのが特徴です。AO入試では国立、私立問わずほとんどの大学で9~10月頃に選考があり、10~11月頃に合否が決まります。センター利用入試ではセンター試験当日が受験日となり、2月上旬~中旬にかけて合否が発表されます。

早めの日程確認と無理のない受験スケジュールを!

試験の直前に受けたい大学同士の日程が被っていた!なんてことにならないよう、受験日程は早めに確認しておくといいですね。また、入試当日は想像以上に体力や精神力を消費するので、試験が続くとかなり大変です。上手く試験日の間隔が開くようにして受験校を決めるなど、日程の管理をしましょう。

試験当日から逆算していく受験準備を

まだ先でいいや、と後回しにせず、どんなスケジュールで入試が行われるのか、早めに把握し、受験日から逆算してスケジュールを組んでいくことで、合格への道のりを築いていきましょう。また、本番当日の体調管理は何より重要です。第一志望の受験前に体力を使い切ってしまわないように、無理のないスケジュールを意識しましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

振り返って自信をつけよう!受験対策の手帳活用法
奨学金ってなに?奨学金を使う前に知っておくべき3つのこと
大学入試で損しないために!今知っておきたい、世界史AとBの違い!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP