ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレンタインのお返しにキャンディを。そもそもホワイトデーの起源って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月14日といえばホワイトデー。2月14日のバレンタイデーにチョコレートをもらった男性がお返しに女性をキャンディを贈る日として知られています。

バレンタインデーは、3世紀のローマ皇帝クラウディウスによる結婚禁止令に背いた恋人たちを密かに結婚させて、殉死した聖バレンタインにちなんでいます。その死から1ヶ月の3月14日、その恋人たちは改めて永遠の愛を誓い合ったということです。この3月14日にまつわる愛のエピソードはバレンタインと同じく、世界中で長く語り継がれるようになりました。

そして、このエピソードに目をつけたのが日本の全国飴菓子工業協同組合でした。1970年代半ば、日本でバレンタインデーが定着するにつれて、今度は男性から女性にお菓子のプレゼントをお返しをするという風潮が生まれました。そこで全国飴菓子工業協同組合が1978年に名古屋で行われた総会で、3月14日をバレンタインのお返しにキャンディを贈る日とし、「ホワイトは純潔のシンボル」という理由からホワイトデーと名づけて「全飴協ホワイトデー委員会」を設立しました。これがホワイトデーの起源とされています。

バレンタインのお返しに男性から女性にお菓子をプレゼントするというホワイトデーは日本発祥のもので、欧米には同じような風習はありません。しかし、お隣の中国や韓国、台湾では男性がバレンタインのお返しを贈る文化が定着し、それぞれ独自に発展しているそうです。

いずれにせよバレンタイデーと同じくホワイトデーもお菓子業界の販促キャンペーンから生まれたものですが、せっかくですから3月14日には美味しいお菓子を楽しみたいですね。

おすすめのレシピ

手作りお菓子にチャレンジ!

いちごジャムのベイクドプリンのレシピ | 料理サプリ

ふわっふわ! バニラスフレケーキのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

「今日は無礼講で!」 の〝無礼講の宴会〟を最初にやったのは誰?
ワイン上級者は知っている。甘口ワイン×料理のこなれた組み合わせ
オレンジフレイバーじゃない、紅茶の「オレンジペコー」って何のこと?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP