ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ソニー・ピクチャーズ・アニメーションによるアニメ映画版『ゴーストバスターズ』、フレッチャー・ムールが監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ソニー・ピクチャーズ・アニメーションは、これから公開を予定しているアニメ映画版『ゴーストバスターズ』の監督を見つけたようだ。

情報筋が本紙ヴァラエティに伝えるところによると、非常に人気のあるオンラインゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』のアニメーションスポット広告を監督したフレッチャー・ムールが、アニメ映画版『ゴーストバスターズ』を監督する契約にサインをしたようだ。

オリジナル版映画『ゴーストバスターズ』の共同製作者であり、同シリーズに関わる1人でもあるアイヴァン・ライトマン監督は、アニメ版でもプロデューサーの1人となる予定だ。

ライバル会社よりもシリーズ展開の少ない米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、『ゴーストバスターズ』に大きく賭けている。7月に米公開を控える実写リブート版『ゴーストバスターズ』と連動して、同スタジオは、今後のシリーズ展開と『ゴーストバスターズ』のシネマティック・ユニバースを形成するため、ライトマン監督と脚本家で俳優でもあるダン・エイクロイドと共に、製作会社ゴースト・コープスを立ち上げた。

1984年にオリジナル版『ゴーストバスターズ』が公開された後、DiCエンタープライズは、1986年から91年にかけて放送されたテレビアニメ『ザ・リアル・ゴーストバスターズ』をプロデュースした。

ムールは、コマーシャル映像やAMCシアターズの仕事を手掛けてきたが、人気オンラインゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』のスポット広告で最も知られている。ムールの監督したスポット広告の1つである『Ride of the Hog Riders(ライド・オブ・ホグライダース)』は、8900万回も視聴されている。

ムールは、ヴァーヴと代理人契約を結んでいる。このニュースは、ハリウッド・リポーターが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP