ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

離乳食が進まないのは、偏食のせい?歯が生えてこないせい?盲点だった「私」の課題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

離乳食は、産院でもらった冊子を見ながら5ヶ月から始めました。

初めての離乳食はおかゆの上澄みにしました。

スプーン1さじ分をドキドキしながら口に持っていくと不思議な顔をして口を開きませんでした。

私は、

「美味しいよ、あーんしてごらん」

と言って笑って見せましたが、よく伝わりませんでした。

なので、指先に少しおかゆの上澄みをつけて直接下唇に塗ってあげました。

赤ちゃんはぺろぺろ舐めてくれました。

慣れた頃にスプーンであげてみると、舌を出して舐めながら食べてくれました。

初めて作ったものを食べてくれる喜びはひとしおですね。

嬉しかったです。

次の日からカボチャやじゃがいもやさつまいもなど、ホクホクと甘めな食材を1さじずつあげていきました。

初めての味に顔をしかめたり舌でべーっと押し出されるときもありましたが、この頃は離乳食から栄養を取るのではなく、あくまで、

「こんな味もあるよ」

と教えてあげる期間だと看護師さんから聞いていたので、気楽に感じていました。

おかゆや甘めな食材に慣れてきたので、7ヶ月ごろから葉物やたまねぎ等の野菜も挑戦してみたのですが、少しでも粒があると嫌がって食べてくれませんでした。

豆腐と納豆は好きなようで沢山食べてくれました。

周りの赤ちゃんは、少しずつ粒のあるものも食べられるようになってきていると聞いていたので少し焦りました。

9ヶ月ごろになると食べる量は増えてきたのですが、相変わらず食べてくれるものは甘めな野菜かおやゆ、豆腐や納豆位でした。

パンも食べさせてみたのですが、口の中でパサパサするのかべーっと吐き出してしまいました。

その頃私の悩みはもう一つあって、赤ちゃんに歯がなかなか生えないことでした。

歯が生えないことで離乳食も進まないのだと感じていたのです。

やっとのことで1歳1ヵ月のときに歯が生え始めてきました。

周りの赤ちゃんはもう大人の料理の取り分けで大丈夫と言っている人が多い中、私の赤ちゃんは相変わらず偏食でした。

悩んで小児科に相談してみると、

「栄養は取れているみたいだし痩せているわけでもない。いつか食べられるようになるから、お母さんが気楽にやらないと駄目だよ!離乳食あげてるとき怖い顔してない?」

と言われてはっとしました。

確かに私にとって離乳食は『何が何でも残さずに食べさせなくちゃ!』と真剣勝負の時間になってしまっていて、きっと怖い顔になっていたに違いありません。

怖い顔をしたお母さんの前で赤ちゃんが美味しくゆったりとご飯が食べられるわけありませんよね。

それからは気をつけながらなるべく楽しい時間を提供するように心がけています。

著者:satimomoka

年齢:27歳

子どもの年齢:1歳4カ月

小さな頃からお母さんになることに憧れていました。25歳で結婚してすぐに妊娠して出産しました。私に似た食べるこ とが大好きな女の子です。趣味は料理とお菓子作りとパン作りです。よろしくお願いします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

授乳のとき目も合わせず…。「2人目は大丈夫!」の過信から、手をかけなかった後悔
「この子は不健康なんだ!」 6ヶ月娘の体重が増えず、不安から”行き過ぎた行動”にでた私 by はなこ
寝返りもハイハイもしなかった息子が立った!歩いた!忘れられない最初の一歩

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP