ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】最高レベルな相撲観戦を楽しむ方法 / お茶屋付きで相撲観戦するとテンションが高まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社に所属せずに働くことのメリットのひとつは、平日でも仕事を休めることである。そんなわけで(?)本日は積雪の中、友人たちと6名で大相撲を観戦してきた(まわりでブームが到来中)。

・「相撲に来ている感」が高まるお茶屋のセット
今回は未体験の贅沢である、お茶屋のセットを頼むことに。お茶、ビール、弁当、焼鳥(両国国技館名物)、おやつ、お土産(湯呑み)が一式セットになっており、店員がわざわざ席まで運んでくれる。

・観戦のテンションも自然と高まる
枡席の料金と合わせて1万5,000円くらいだが、なんかこう、神社でいうところの正式参拝感があって良い。観戦のテンションも自然と高まる。

・雪が降ると力士も遅刻するらしい
この雪で遅刻した力士も何人かいて、取組はいくつか順番が入れ替えに。今場所は休場力士が多く、注目していた遠藤(怪我)や御嶽海(インフルエンザ)は観られなかったが、上位陣の強い相撲が堪能できて満足(前回観戦時は、白鵬が普通に負けて座布団が舞った)。

・日本酒片手に観戦するパターン
ただ、枡席の足の痛さだけはいまだに慣れず……。2階の椅子席で日本酒片手に観戦するパターンも併用しつつ、今後も生の相撲を楽しんでいきたい。

https://youtu.be/7VUMXcARMZc

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/03/14/sumo-ocya/
執筆: 鈴木収春(不明研究室) http://fumeiya.net/

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP