ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ「ダメ恋」 深田恭子のダサカワ服が売り切れ続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「プチプラ」とはプチ(小さい)プライスの略。「かわいいのに安い」という意味で使われ、ファッション誌でも「プチプラ」特集は鉄板企画だ。

 1万円以下の白いリボンつきブラウスとピンクのスカート、フードつきコートは3万円台でパール調のイヤリングは2700円――深田恭子(33才)が身につけたプチプラ服が今飛ぶように売れている。

 放送を重ねるごとにじわじわと視聴率を上げているドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)。累計120万部の大人気コミックが原作だ。深田演じるヒロインは、仕事を失ってお金がなくても、つい年下の彼氏に貢いでしまう典型的な“ダメな私”。天敵だった元上司であるディーン・フジオカ(35才)が経営する喫茶店で住み込みでアルバイトして出直しを図ると、転職先で出会った三浦翔平(27才)といい関係に。ところがやっぱりディーンのことが気になって――という恋の行方と同じくらい注目されているのが、深田のコーディネートだ。

 放送直後、それらは軒並み、ネットの通販サイトで即売り切れ状態。ファッションリーダーであるモデルが着る服が流行するのは当たり前のようにも思えるが、ドラマ発のファッションがブームになる現象は最近では珍しい。

「言うなれば、ダサカワファッションなんです。梨花さん(42才)や紗栄子さん(29才)が発信するアイテムとはちょっと違うかも(笑い)。パステル調のふんわりニットにひらひらスカートといった定番で、ブームを作るワンアイテムはないけど、男性ウケするちょっとぶりっこが入ったモテ系ファッションという感じ。見る人にとって身近で、真似しやすい服を取り入れるようにスタイリストさんは意識したそうですよ」(ドラマ関係者)

 1つ1つのアイテムを見てみると、癒し系だというのはファッションジャーナリストの高橋佳子さん。

「素材、シルエット、カラー。職場の制服以外はどれもかっちりしていなくて、癒し感が満載です。女性らしい素材やシルエットが多く、肌の露出は控えているので、男性からも女性からも高い好感度を得られます。彼女の演じるキャラクター同様に、頑張りすぎていないところがポイント。

 ブランドも、サマンサタバサやスナイデル、ジェラートピケ、ダズリンなど10代後半から20代といった若い世代向けが多用されていて、お値段も手頃。それでいて30~40代でも着こなせるアイテムも多い。まさにプチプラアイテムが揃っています。そんな点も人気につながっているんでしょう」

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
ママの服装トレンド プチプラコーデに一点豪華主義を含める
プチプラ・コーデ流行 若いママたちの間でユニクロが再評価
欅坂46 ファッションアプリのCMに起用、デビュー曲公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP