ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もし「ゴッホの生涯」がアニメーションになったら、こんな感じ(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーランドで制作されている模様。ここではその予告編を紹介するのですが…約1分の映像に引き込まれてしまうこと必至です!

「あの世界観」を見事に表現!
滑らかな映像に魅了される…

見てくださいこの滑らかさ。なんと、全コマ「油絵」で描かれているのだそう!


映画『Loving Vincent』は80分の大作になる予定。1秒のアニメーションに対して12枚の油絵が必要になるため、その労力は途方もないものに…。


映画にはゴッホの生涯だけでなく、彼が描いた絵画も登場。こちらは『ローヌ川の星月夜』。名画がアニメーションとして登場するなんて、ファンにとってはたまらない!?


制作は、世界観を損なわないよう数ヶ月のトレーニングを受けた100名以上の画家によって進行中。2016年内の公開を目指しているそうですが、マンパワーが不足しておりHPで追加スタッフを募集しているようです。

いずれにせよ、この予告編を見ると本編に期待せざるを得ませんね!

Licensed material used with permission by LOVING VINCENT

関連記事リンク(外部サイト)

「ULTRA JAPAN2016」が開催決定 先行チケット第一弾は5時間で完売!
「ナショナルジオグラフィック」が選ぶ、衝撃的な7枚の写真
一台のグランドピアノ「Steinway」ができるまで(写真38枚)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP