体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桜並木の川沿いをポタリング♪レンタサイクルで名所めぐり【東海】

五十鈴川 桜

暖かくなり、桜の見頃がやってきました。

桜が有名な人気観光地へ行くのなら、桜を見て、美味しいものを食べて、せっかくなら他にも気になるスポットを巡りたいもの。そんな時は自転車がオススメです。

レンタサイクルを借りて町を駆け抜ければ、いろいろな発見があること間違いなし!

春の風に吹かれて心地の良い桜のポタリングを楽しんでみてください。

今回は三重県・伊勢市、静岡県・静岡市、岐阜県・郡上八幡市の桜の名所をレンタサイクルでまわるコースをご紹介。

「花より団子」派な方に向けてご当地グルメも一緒に教えちゃいますよ♪

1.伊勢 ~伊勢神宮外宮と内宮へ。縁のある川桜を巡ろう~

レンタサイクル

宇治山田駅観光案内所、伊勢市駅手荷物預り所、外宮前観光案内所にて。4時間まで500円、4時間以上800円。

五十鈴川

↓自転車ですぐ

伊勢醤油本舗 本店

↓自転車で15分

山村みるくがっこう

↓自転車で12分

宮川堤

五十鈴川

おかげ横丁・おはらい町が一層賑わう

五十鈴川 桜

地酒や伊勢うどんなどご当地ならではの屋台が軒を連ねる

五十鈴川 屋台

【見頃】3月下旬~4月中旬

伊勢神宮内宮を流れる五十鈴川。宇治橋から浦田橋にかけての河畔に約200本のソメイヨシノが彩ります。桜の満開にあわせて「五十鈴川桜まつり」が開催され、川のほとりに屋台が並び、おかげ横丁・おはらい町がさらに賑わいをみせます。満開の頃には、ライトアップされ幻想的に。 五十鈴川(いすずがわ)

TEL/0596-23-8838(おかげ横丁総合案内 ※五十鈴川桜まつり事務局)

住所/三重県伊勢市宇治今在家町~宇治満田

「五十鈴川桜まつり」の詳細はこちら

伊勢醤油本舗 本店

伊勢醤油本舗 伊勢うどん

伊勢うどんを鉄板で焼いた「伊勢焼きうどん」380円

伊勢醤油本舗 伊勢クリーム 「伊勢醤油ソフトクリーム」310円は、コクと旨みのある一品

江戸時代から変わらぬ製法で作る地醤油。店舗はおかげ横丁内にあり、調味料や食品、テイクアウトも。 伊勢醤油本舗 本店

TEL/0596-23-8847

営業時間/9時30分~17時30分(季節変動有)

定休日/なし

「伊勢醤油本舗 本店」の詳細はこちら

山村みるくがっこう

山村みるくがっこう プリンソフト 瓶の底にはプリン、上にはたっぷりソフトクリームがはいった「プリンソフト」280円。どちらも味わえてラッキー

パスチャライズ殺菌で牛乳本来の味にこだわった山村牛乳。外宮前で手軽に味わえるテイクアウト専門店。 山村みるくがっこう

TEL/0596-28-4563(山村乳業)

営業時間/10時~17時

定休日/なし

「山村みるくがっこう」の詳細はこちら

宮川堤

何百年も前から人々を楽しませてきた桜並木

宮川堤 散策道を歩いたり、河川敷の芝生でゆっくり過ごしたりできる

【見頃】3月下旬~4月中旬

かつてはここで禊をして渡し舟に乗りお伊勢まいりへ向かった神聖なる宮川。「桜の渡し」という名がついたほど昔から桜の名所で、堤防上にはソメイヨシノを主とした多くの桜が咲き誇ります。毎年恒例「春まつり」は満開にあわせて開催、ライトアップもお楽しみのひとつ。 宮川堤

TEL/0596-28-3705(伊勢市観光協会)

住所/三重県伊勢市中島・宮川町地内

「宮川堤」の詳細はこちら

2.静岡 ~家康公のお膝元で、桜に染まる城と神社へ~

レンタサイクル

静岡市内の宿泊施設を中心に30カ所にて貸出。1回500円。

駿府城公園

↓自転車で10分

水野商店

↓自転車で3分

茶町KINZABURO

↓自転車で3分

静岡浅間神社

駿府城公園

今も残る石垣を彩る桜たち。

駿府城公園

お堀を埋め尽くす桜は市内中心部にありながら江戸情緒を感じさせる

【見頃】3月下旬~4月上旬

家康公が晩年を過ごした駿府城跡を整備した公園。お手植えのミカンの木や銅像もあります。当時の面影を残す石垣を包むように咲く桜など、園内に約450本が植えられています。開花にあわせてライトアップされ、夜桜が楽しめます。また、4月1日~3日には「第60回静岡まつり」が開催されます。 駿府城公園(すんぷじょうこうえん)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。