ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【マンガ】第3話「空港を出たら待ち伏せする詐欺軍団!?」戦々恐々の中、ついに空港の外へ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回のお話が気になる方は
→【マンガ】第1話「インド人全員が俺達を狙っている…」先入観だらけのインド留学がいよいよ始まる!
→【マンガ】第2話「使い物にならない紙幣に警戒心MAX!」両替所でプチ争いが勃発!

 

デリー/インディラ・ガンディー国際空港の設備

photo by VasenkaPhotography

さぁ、デリーの玄関口である「インディラ・ガンディー国際空港」はどの程度の設備を整えているのでしょうか。

結論から言うと、空港だけあって、カフェ/レストラン/お土産屋/空港内のホテルなど、たいがい何でもある印象でした。

予想以上に充実した設備で、驚いた記憶があります。

 

空港の外に出ていい時間とダメな時間

photo by Marco Zanferrari

飛行機がデリーのインディラ・ガンディー国際空港に到着する時間は、深夜2時だったりします。僕らの場合もそうでした。

深夜に空港の外に出るような事は避けましょう。当然ですが、日中に比べて、旅行者を騙そうとするインド人の割合は増えます。

 

下手に怪しいタクシーに乗ってしまった場合は、空港内で夜を明かすより、30倍はゴタゴタなどに巻き込まれたりして体力を消耗する事になります。

深夜に着いた場合は、朝まで空港内で過ごすのが良いでしょう。

 

空港内でくつろげる場所

 photo by ken

朝まで時間を潰すとなると、それまでに滞在する場所が必要ですね。

空港内にはその場で受付をして泊まれるホテルがありますが、人気のため中々空きが無いです。となると、1番現実的なのはカフェです。

 

ちなみに、僕らが空港内でたむろしたカフェはインドではよく見るチェーンカフェ「Costa Coffee」です。

注文した食べ物はこちら。

photo by ken

味は…パサパサしていて、まぁ、お腹は満たせたかなという感じでした笑

 

空港のネット環境はどんな感じ?

photo by Christiaan Colen

空港全体にWi-fiは行き渡っていましたが、登録やら何やらの煩雑な作業が必要で、僕らは結局よく分からず使えませんでした。

英語をよく理解できなかったのも原因です。

 

なので、僕らは仕方なく、5時間で2000ルピー(約3,500円)という高額料金を払い、Wi-Fiが使えるカフェに居座りました。

今ではよりネット環境も改善されているかもしれません。

 

空港を出ると待ち伏せるおっちゃん達

これこそ、インド名物の一つと言えるかもしれません。

いざ空港を出ると、ゲートの出入り口にこうやってたくさんのインド人のおっちゃん達が待っています。

 

ここに並んでいるおっちゃん達は

予約した旅行者を待つホテルのスタッフだったり、手配されて旅行者を待つタクシーの運転手だったり、騙されやすそうな旅行者を待ち伏せする詐欺軍団の一員だったりします。

マンガに描かれているように、さまざま声を掛けられるでしょうが、無視しておきましょう。

 

さて、戦々恐々としながらも、ついに空港の外へ出たKenとハマ。次はどんなカルチャーショックが彼らを待ち受けているのでしょうか。

お楽しみに!

 

前回のお話が気になる方は
→第1話「インド人全員が俺達を狙っている…」先入観だらけのインド留学がいよいよ始まる!
→第2話「使い物にならない紙幣に警戒心MAX!」両替所でプチ争いが勃発!

↓第4話をいち早く読みたい方はこちら↓


関連記事リンク(外部サイト)

「まだスカートめくってるの?」履いてみたら世界が動いた。
ソフトバンクのお兄ちゃんは?厚切りジェイソンは?人気外国人タレントの来日理由公開!
【マンガ】第2話「使い物にならない紙幣に警戒心MAX!」両替所でプチ争いが勃発!
今話題の「仕事旅行」とは?その魅力に迫る!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP