体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これを読んだら旅に出たくなる!Compathyランキングベスト10

旅に出る前に、どのように情報を集めますか? ガイドブックを隅から隅まで読む人もいれば、何も調べずに出発する人もいます。しかし、実際にその国・街を訪れた人の声を聞きたいときは、ネットで旅行記を探すのが一番便利ですよね。

旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy(コンパシー)」では、世界中を旅している人の旅行記(ログブック)を見るだけで、役に立つ情報がたくさん手に入れることができます。

では、今週のCompathyログブックランキングベスト10をご紹介します!

Compathyの使い方はこちら

①Makiko Nakamura「地獄の門

d1ebdfc05204e84dca8d0b86f79353d9

地球には地獄の門が存在しているのをご存知でしょうか? Makiko Nakamuraさんはその門まで足を運びました。絶句するほどパワフルな写真をお見逃しなく!

②Yasu. Y「水郷集落&蘇州ふらり旅 2泊3日

IMGP7036

趣が溢れる街、西塘古鎮へ。この旅行記の写真を見たとたんに上海行きの航空券を買いたくなります。Yasu. Yさんは交通に関するちょっとしたアドバイスもしてくれるので、旅の前にぜひチェックしてください。

③Akira Nakayama「台湾一周一人旅! 終わりの旅①

P2080081

台湾好きな人は必ずやってみたい、台湾一周旅。Akira Nakayamaさんのように鉄道で高雄から台北へ北上したい方はぜひ後編と併せて、彼のログブックを読んでみてください。

④Emi Hatakeyama「Cote d’azur ニースのカーニバル

_MG_1408

知っていましたか? ユーロ圏内だと国境を超える際にパスポートは必要ありません。飛行機に乗らずに南ヨーロッパの旅を楽しみたい方はぜひEmi Hatakeyamaさんの旅行記を参考にしてください。ニースのカーニバルも気になりますね!

⑤Jeno「めまぐるしく変わっていく街ソウル! 気になったら、すぐに行きましょう!!

2016-01-10_16.33.56
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。