ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メイクがうまくできない人は必見!鏡使いでメイクの達人に♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メイクがうまくできない…そんな悩みは鏡の使い方で解消できる!

メイクの方法はいっぱい勉強しているのに…
雑誌に書かれた通りに真似してみているのに…

なぜかメイクがうまくできない!
やってみても失敗しちゃう!
いつもアイラインがうまく引けない…

など、悩んでおられる方も多いかと思います。

それを解消する方法、実は「鏡」の使い方に秘訣がありました!

 

アイメイクの時はこう使え!鏡の使い方

①目の上をメイクする時には下目遣い
・上のアイシャドウを塗る時
・上のアイラインを引く時
・ビューラーでまつ毛を上げる時
・上まつ毛にマスカラを塗る時
などは、手鏡を目線よりも下の方に持ち、少し人を見下すような下目遣いをするとメイクが簡単です。

また、同時に眉を引き上げるような表情をすると、さらにやりやすくなります♪

アイラインですが、基本的にまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるのが一番効果的です。
そのためには、まつ毛の上から引くと、まつ毛が邪魔して引きにくいです。
また、アイライナーを寝かすように持つのも描きにくい原因の1つ。
アイライナーを書道の筆のように立てて持ち、まつ毛の下から隙間を埋めるように引くとうまくいきます。
それでも難しい方は、手鏡をやめ、置き鏡や洗面所の鏡などを用いて、左手でまぶたを優しく持ち上げ、目をめくり上げると隙間が埋めやすくなります。

②目の下をメイクする時には上目遣い
・下アイラインを描く時
・下まぶたにアイシャドウを塗る時
・涙袋を作る時
・下まつ毛にマスカラを塗る時
などは手鏡を目線よりも上に持ち、上目遣いでメイクするとやりやすいです。

下まつ毛にマスカラを塗る時は、マスカラを横に向けて塗るよりも、垂直に立ててマスカラの先だけで塗るほうが簡単です。

 

メイクの途中、時々は離して全体のバランスを見る

手鏡で一部分だけ見ていると、全体的なメイクバランスを見失ってしまいます。
特に眉のバランスは、一度鏡を離して見てみなければ、絶対にバランスが取れません。
リップとチークの色味の強さのバランスなども、鏡を離して確認してみてくださいね。
鏡使いの達人になって、メイクの達人になってくださいね♪

SATOE(KYOTO LOODY)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP