ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上空から農地を可視化する農業向け航空写真サービスに注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上空から撮影した航空写真は、作物の生育状況のモニタリングや、害虫や病気による異常の早期発見など、農業分野においても有益な情報となりうる。

とりわけ、ワイン向けのぶどうなど、付加価値の高い農作物の栽培では、航空写真の活用が注目されはじめている。

・農業向け航空写真提供サービスの先駆け的存在

農業における航空写真へのニーズにいち早く対応したのが、米カリフォルニア州のスタートアップ企業「TerrAvion」だ。

農業に特化した航空写真の提供サービスを2014年2月にリリースし、現在、カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州およびグレートプレーンズを対象エリアとして展開している。

TerrAvionは、週1回対象エリアを上空から撮影し、その翌日には、航空写真のデータのアップロードを完了。

ユーザーは、スマートフォンやPCからTerrAvionの専用ポータルサイト「Overview」にアクセスすると、カラー画像、近赤外画像、熱画像のほか、植生の分布状況や活性度を示す正規化差植生指数(NDVI)を閲覧できる仕組みだ。

・統計データの提供もスタート

また、TerrAvionは、2016年3月、自社の画像解析に基づく統計データの提供サービスも開始。

定期的に農地の現状を航空写真で可視化するのみならず、統計データを活用することで、生産性の向上や灌漑の最適化などにつながると期待されている。

TerrAvionのように、デジタル技術を農業分野に応用したサービスが広がることで、農業のIT化がさらにすすみそうだ。

TerrAvion

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP