体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイナス金利がマンション購入者にもたらす、メリットとデメリット

マイナス金利がマンション購入者にもたらす、メリットとデメリット

住宅ローン金利は、軒並み過去最低水準。

日本銀行が、我が国初となるマイナス金利政策を2016年2月16日からスタートさせました。金利を低く誘導することで景気を回復させ、デフレからの脱却を図ることが目的です。政策がスタートしてから狙い通り市場金利は下がったものの、市場の先行きは見えないなかで、住宅ローン金利は、軒並み低下し過去最低金利を更新しています。

各銀行の住宅ローン顧客争奪目的の低金利競争は、マイナス金利導入以前の段階で既に激しいものがありましたが、マイナス金利導入後はさらに激しさを増し、本格的な低金利競争に突入しました。三井住友銀行は2月16日にいち早く10年固定型の最優遇金利を年0.9%に引き下げ、その後、三菱東京UFJ銀行が10年固定を年0.8%に下げて三井住友銀行を追い抜きトップになったかと思いきや、みずほ銀行もすぐに追随して10年固定を年0.8%としました。すると三井住友銀行も年0.8%に合わせてきて、マイナス金利導入から2週間で、10年固定は、3メガバンク揃って、過去最低水準を更新する年0.8%となりました。
信託銀行も負けてはおらず、10年固定の最優遇金利は、三菱UFJ信託銀行が0.55%、三井住友信託銀行は最も低い年0.5%に引き下げました。

また、全期間固定金利のフラット35も、(融資率9割以下の場合)2016年3月時点で、取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、借入期間15年~20年が年1.02% 、21年~35年では年1.25%となり、やはり、史上最低金利を更新しました。

変動金利は、住信SBIネット銀行やじぶん銀行で年0.568%、ソニー銀行も、新規購入で自己資金10%以上の人は年0.519%としています。

住宅ローン金利低下により5年前と比べても返済総額は大幅に減少

住宅ローンの金利がこれだけ下がれば言うまでもなく、住宅ローンを使ってマンションを購入したいという人にとってのメリットは大きくなります。
実際に、金利が下がるとどのくらい支払額が変わるのか?
5年前の3月と今年の3月を具体的に比較してみましょう。

仮に3,000万円を全期間固定金利で(返済期間35年)借りたとすると、
5年前の2011年3月の時点では、金利は年2.54%でしたので、月の返済額は107,893円、返済総額は45,315,060円でしたが、今年3月は金利が年1.25%ですので、月返済額は88,226円、返済総額は37,054,920円となります。 

その差は、月で19,667円、総額では8,260,140円にもなります。 
(ARUHI(旧SBIモーゲージ)フラット35のケース)
仮に同じマンションを購入し、同じ金融機関から融資を受けるとした場合、購入する時期によって、これだけの差が生じます。

「住宅ローン控除」の利用で、リターンが出ることも。

また、これだけ金利が低くなってくると、住宅ローン控除を利用できる場合、10年間は支払利息額より、得られる住宅ローン控除額(減税額)のほうが多くなるケースもあります。
(現在の住宅ローン控除は住宅ローン年末残高の1%が10年間、所得税と住民税から控除されます。その結果、例えば前述の三井住友信託銀行のケースでは住宅ローンの利息が(10年固定で)0.5%とするとそれ以上に税金が安くなることから、まるで利回り0.5%の金融商品で貯蓄をしているかのような効果が生まれる場合があります。)

但し、10年固定型は当初10年間の金利のみを固定し、11年目からはその時点の店頭金利を基準とした金利に変更になることから、金利が上昇した場合のリスクがありますので、注意が必要です。

「マイナス金利」マンション購入者にとってのデメリット。

一方、マンション購入希望者にとって、マイナス金利導入により、次のようなデメリットが生じることも考えられます。

1,マンション価格のさらなる上昇の可能性

住宅ローンの金利低下によってマンション購入希望者が増えた場合、ようやく落ち着きを取り戻そうとしていた中古マンション価格が再度上がる可能性が考えられます。
(日本より先にマイナス金利を導入したデンマークでは、導入後住宅ローンの金利が低下したことにより住宅市場が加熱して不動産価格の上昇が起きた例もあります。)

1 2次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。