ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

街中が宴会場!?高知で開催中の『日本一の大おきゃく』が楽しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高知県と言えば名だたる日本酒の生産地で、とにかくお酒を飲みまくる県民性で知られていますが、3月5日から始まったお酒でおもてなしをする高知独特の宴会イベント『土佐の「おきゃく」』最終の12日・13日は、高知市中心の商店街や居酒屋の軒先にこたつを設置して宴会を楽しめるイベント『日本一の大おきゃく』を開催中です。

【関連:TOKIOにライバル出現!!第一次産業アイドルに超ガチ勢参入 メンバーは高知の漁師や道の駅の会長クラス揃い】

土佐の「おきゃく」2016』ではマンガ家の西原理恵子さんのラッピング電車のお披露目式や、市内を走る路面電車の中で宴会をする『土佐の「おきゃく」列車』。
『クッキングパパ』の作者であるうえやまとちさんなど人気マンガ家と繁華街中心にある公園に設置されたお座敷で宴会する『土佐のおきゃくで漫画家大会議!』に、全世界で6月に開催される『アペリティフの日』の前哨戦など今年はさらにパワーアップして街のあちこちがお祭り騒ぎになっています。
最終日の13日は高知市の繁華街である帯屋町を中心に昼間から飲んで騒いで楽しむ「日本一の大おきゃく」が繰り広げられているそうです。

その中でも帯屋町から少し東に位置するはりまや橋商店街では畳の上にこたつや買ったものをその場で焼くことができる七輪が設置され、老若男女がこたつに入ってまどろみの中楽しむ宴会ができちゃうんだそうです。

高知県では年中様々なお酒関連のイベントで忙しいそうですが、3月のこの『おきゃく』がお酒関連イベントの中でも一番大きく盛り上がるそうなので気になる人は来年にでもぜひ足を運んでみてくださいね!


関連記事リンク(外部サイト)

豚の丸焼き、ワニの手足グリル!話題の『珍肉BBQ』名古屋で初開催
TOKIOにライバル出現!!第一次産業アイドルに超ガチ勢参入 メンバーは高知の漁師や道の駅の会長クラス揃い
最高リターンは吉原刀匠制作の小刀 『日本刀ドキュメンタリー』の資金募集開始

おたくま経済新聞
カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP