ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使い方は想像力次第!キーを無限にカスタマイズ設定できる“Eインクキーボード”が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PCやタブレットなどの電子デバイスの入力装置として、キーボードが一般的だ。

テキスト入力に用いられるだけでなく、作業のスピードアップや効率化のために、ショートカットを駆使している人もいるだろう。

とはいえ、アプリケーションによって異なるショートカットを覚えたり、いちいち設定を切り替えたりするのは手間も労力も必要になる。

・ショートカット、レイアウトを自由にカスタマイズ可能

そんなシーンで便利そうなのが、シドニー発の「Sonder」というEインクキーボード。アプリケーションごとに特化したショートカット、レイアウトを設定でき、作業がずっと早くスマートになるはず。

キーボードには、1.4ミリメートルの薄さの“ガラス基質”が用いられていて、これが“電気泳動ディスプレイ(EPD)”の役割を果たす。リサイクルされた“スチレン‐アクリロニトリル樹脂”製の透明なキー構造越しに、キー表面にさまざまなイメージ(アイコンや文字)を表示する仕組みになっている。

・マクロの実行もできる

キーのアイコン表示、ショートカットの設定は自由にカスタマイズが可能で、例えば“QWERTYキー配列”から“DVORAKキー配列”に、あるいは英語から中国語に、“Adobe Photoshop”から“SolidWorks”にキーボードの設定を切り替える……なんてことも自在にできる。

また、マクロを実行させて「特定のキーに特定のコマンドを振り分ける」ようなことも可能だ。

もちろん、デザインやCAD、Web制作などの仕事にも役立つが、ゲームをプレイする際にも、特定のキーにゲーム内の特定アクションを実行するようにセットしておくなど、非常に便利に使いこなせそうだ。夜間時にはキー前面側が点灯する機能もあるので、ミスタッチを防いでくれる。

Bluetooth接続機能を保有しているので、PCやタブレット、スマートフォンと接続し、ワイヤレスキーボードとして使えるので便利。

・プレオーダーを受付中

カスタマイズの可能性は無限大、使い方はあなた次第。現在、公式サイトでプレオーダーを受け付けており、通常価格299ドル(約34000円)のところ、199ドル(約22000円)で売り出し中だ。

Sonder

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP