ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EC Technology製のUSB-A / HDMI / USB Type-Cを備えたUSBハブのレビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

EC Technology より発売された一台で USB-A、HDMI 出力、USB Type-C の 3 端子を備えた USB Type-C ハブ「iEC USB ハブ Type-C HDMI アダプタ」を入手したのでこの製品のレビューをお送りします。※ 記事の製品は EC Tech よりサンプル提供を受けています。「iEC USB ハブ」は、USB Type-C コネクタを持つ端末に USB-A(USB 3.0)、HDMI 出力、USB Type-C の機器などを接続するマルチインタフェースの USB ハブです。ちょうど Apple が最新の Macbook 向けに販売している「USB-C Digital AV Multiport アダプタ」のサードパーティ製品になります。Apple 純正の AV アダプタは 9,500 円もしますが、EC Tech の製品はわずか 3,999 円と純正品よりも安く購入できます。しかし、HDMI の出力サイズは最大 1080p なので Apple 純正品よりもスペックは下がります。筐体の作りは Apple 純正品と似ていますが、メタリックボディを採用しているので、Apple 純正品よりも高級感があります。ただ、全体的にやや大きく、ケーブルも少し長めです(あまり気にはなりませんが)。「iEC USB ハブ」を利用すると、Macbook を充電しながら画面の HDMI 出力や USB 接続のストレージにアクセスするようなことが可能になります(接続機器によってできることは変わってきます)。Macbook をデスクトップ PC スタイルで利用するには最適です。Macbook と同様に USB Type-C で充電・データ通信が可能な PC でも同様のことができるはず。USB 端子は USB 3.0 規格(転送速度は 5Gbps)に対応しているので、現在普及している USB 2.0 よりも高速にデータを転送できます。Macbook / PC 以外のスマートフォンやタブレットでも使えるのか、試しに手元の USB Type-C 端末(Nexus 5X、Nexu 6P、ASUS ZenPad S、Pixel C)に挿してみました。「iEC USB ハブ」には HDMI ケーブル、USB メモリ、USB Type-C 電源を接続した状態で、Nexus 5X、Nexus 6P、ZenPad S は USB メモリだけを認識し、HDMI 出力や充電はされませんでした。また、Pixel C の場合は充電だけが可能で、USB メモリは認識せず、HDMI 出力もできませんでした。これは、端末側が画面出力に対応していないなどのハードウェアの仕様によるものです。このことを前提にしても、Android 端末では機種によって利用できない端子があります。Source : Amazon.co.jp

■関連記事
Googleストアオープン1周年、米国でNexus 5X / 6Pの$50 OFFセールが実施中
Chainfire氏がAndroid Nのroot化に成功
Root ExplorerのアプリUIがついにMaterial Design化される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP