体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、持ち運びに難があったSUPボードが折りたためる!?

スクリュー付きモーターで
スイスイ漕げるSUPボード

持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

子どもでもスイスイ漕げてしまう、こちらがSipaBoards。ボード中央部に取り付けるスクリュー付きのモーター(最大3時間連続使用可能)の力を使い、電動アシスト自転車のようにバドルでひと漕ぎするだけで、すい〜っとボードが進むラクラク機能を搭載。パドルのボタンを押すことで加速・減速の切り替えができるようです。
持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場
持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

海や川のように水の流れがある場所でも、アシスト機能を活かすことで楽チンにSUPを楽しむことができると、開発サイドは太鼓判。クラウドファインディングで目標金額に達し、商品化が決定。2015年には国際的なプロダクトデザイン性のレッド・ドット・アワードを受賞しました。

持ち運びもラクラク

持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

さて、画期的な機能をもうひとつ。彼がバックパックのように背負っているこの黒い袋。じつは、この中にすべて収まってしまうのがSipaBoards第2の特徴です。これまで持ち運びに大きな難があったSUPボードを、空気で膨らませるゴム製にしたのがSipaBoards。
持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

空気を抜いた状態で持ち運びできるため、バッグの中身はこんなにコンパクトです。では、いったいこれをどうやって膨らませるか?ここで生きてくるのが、前述のモーターなんです。一目瞭然、まずは下の映像をチェック!

組み立てもラクラク

持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

画面中央の白い容器、この中にモーターが入っています。ゴム製のSUPの空気栓とチューブで繋げば、みるみるうちに膨らんでボードのできあがり。
持ち運びラクラク!電動アシスト機能付き「SUPボード」が登場

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。