ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

副業・在宅ワークでお小遣い!ネイル、アロマ、ハーブetc.“美容&癒し系”の5つの副業スタイル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お小遣いを増やしたい!」「いつか本業にしたいけど、まずは様子見で…」など、様々な理由から大注目の副業や在宅ワーク。

しかし、ひとくちに副業・在宅ワークといっても、職種はもちろん“副業スタイル”も多種多様。

そこで、実際に試されている主な副業スタイルを、職種タイプ別に公開!

それぞれのメリット・デメリットを把握すれば、自分にとってムリなく楽しい“副業の始め方”がわかる!

今回は、「美容・癒し系副業」編!ネイリスト、 アロマテラピスト、ハーブセラピスト、リフレクソロジスト、整体師etc…魅力的な職種がたくさん。そんな職種を副業にするために、あなたに合いそうな始め方を見つけましょう!

①出張サロン

●メリット

イベントやパーティ、介護・福祉施設などさまざまな現場への出張ニーズがある

●デメリット

施術道具などを持参する必要があり、車の免許を持っていないと厳しいことも

②自宅サロン

●メリット

ママ友のクチコミ力を頼るなど、生活圏内のコミュニティを活用しやすい

●デメリット

防犯やプライバシー保護のため、自宅でもあるサロンの住所を公開しづらい

③レンタルサロン

●メリット

多くのサロンが主要駅から徒歩数分の好立地にあり、顧客を獲得しやすい

●デメリット

1時間1000円前後のレンタル費用がかかり、人気の時間帯が抑えにくい

④サロンシェア

●メリット

ネイルとリフレクなど異業種の仲間と組めば、それ自体が大きな売りになる

●デメリット

複数名でマンションの一室を借りれば、家賃というランニングコストがかかる

⑤スタッフ登録・派遣

●メリット

癒し&美容系に特化した人材派遣会社も多い。スクールで必要な資格を取得すれば、スクールが運営・提携する人材派遣に登録できることも

●デメリット

派遣先の企業が求める実務能力の証明として、人材派遣会社へ登録する際に、保有資格を問われるのが一般的

こんなスタイルも可能♪

上記の副業スタイルは、アイディア次第で、かけ合わせたり、途中で切り替えることも可能です。例えば…

・自宅サロン×サロンシェア

家族のいない平日昼間は自宅サロンとして営業。家族が家にいる土日は、シェアサロンまたは出張サロンで外に出れば、家族の理解が得られやすい。

・出張サロン→レンタルサロン

自宅や自身の勤務地周辺を出張範囲として始めて、軌道に乗ってきたら、お客様の多い最寄り駅近くにサロンを時間借り。移動時間をなくしてパフォーマンスUP。

いかがでしょうか?皆様も、自分にぴったりの素敵な副業・在宅ワークライフを!

構成/ケイコとマナブ編集部 取材・文/宇佐見明日香

※この記事は2015年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

30代以降もキレイな女性でいるために!20代のうちにやっておくべき5つのこと
ずっと健康美人でいるために…。20代のうちにやっておくべき5つのこと
副業・在宅ワークでお小遣い!講師、インストラクターetc.“教える系”の6つの副業スタイル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP