ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松井稼頭央 憧れの秋山幸二の大きな背中を追いかけた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季プロ23年目、すでに2000安打も達成した東北楽天ゴールデンイーグルスの松井稼頭央(40)。1月からスタートした自主トレは苛烈を極め、徹底的に体を追い込んでいる。

 松井はプロ入り当初から「球界一の運動能力の持ち主」と評価されてきた。そして華のあるプレースタイルは野球少年の憧れだった。現在、プロ野球で活躍する20代後半以上の内野手のほとんどが憧れたり、意識してきた存在だろう。

 そんな松井の憧れは、元ソフトバンク監督の秋山幸二だ。秋山も現役当時、「最もメジャーに近い選手」と評され、多くの野球少年たちから「カッコいい」と憧れられる存在だった。松井本人が語る。

「ライオンズで僕が一軍に上がろうとしてた頃に、ちょうど入れ違いのようにホークスへ移籍されたんですけど、それ以降も気にかけていただきました。秋山さんの大きな背中を見て本当にカッコいいと思って、自分も背中を大きくしようと思ったんです」

 恵まれた天性の肉体を持つ松井といえども、40歳という年齢でそれを維持するのは簡単ではない。今も「野球少年の憧れ」であり続ける鋼のような筋肉は、徹底した自己管理の賜物なのだ。

◆まつい・かずお/1975年、大阪府生まれ。1994年、PL学園高からドラフト3位で西武に入団。2002年にスイッチヒッターとして史上初のトリプルスリーを達成するなど常に主軸として活躍。2004年からはニューヨーク・メッツに移籍、日本人初の内野手メジャーリーガーに。2007年、コロラド・ロッキーズ在籍時にはワールドシリーズに出場。2009年、ヒューストン・アストロズ時代には日米通算2000安打達成。2011年から東北楽天でプレーしている。

取材・文■田中周治 撮影■本誌・藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
ソフトバンク秋山監督 大胆采配のルーツは高校時代の被弾
伊東勤 エースで4番の秋山幸二を打ち崩して甲子園を決めた
福本豊氏が国民栄誉賞辞退の理由「立ちションベン」ではない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP