ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

傘回し習得したクールポコ 餅つきネタより盛り上がることも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 さらしに鉢巻き姿で臼を持って登場する小野まじめと、エプロンを身につけて杵を運ぶせんちゃんからなる、お笑いコンビ・クールポコ。芸歴15周年を迎えた2人は、意外にも、新たに日本の伝統芸に磨きをかけているという。新境地を開くクールポコに話を聞いた。

――臼と杵ネタ以外に、新ネタをやる予定は?

せんちゃん:新ネタではないのですが、傘回しを始めました。ぼくたちの服装が紅白なのでめでたい繋がりで、2年前から2人で練習してるんです。

小野:回しているのは、球とか升とか。

せんちゃん:江戸太神楽の師匠が、教室を開いているんです。誰でも参加できるところで、会社のパーティーでやりたいからというサラリーマンとか、おじいちゃんから子供まで、いろんな人が来ていました。

小野:ぼくらは週1で1年間通ってなんとか習得しました。

――なぜ傘回しを始めたんですか?

小野:ぼくたちに合ってるかなと思って。

せんちゃん:和芸ということで、年をとってもできそうですし。

小野:番傘は職人さんが手作りするもので、3万円でした。お互い1本ずつ持ってます。壊れやすいので、慎重に扱っています。

――ちなみに臼と杵は、いくら?

せんちゃん:ネットのオークションで、臼は中古で1000円で、杵は新品だったから2500円くらいでした。重さは、臼が約30kg、杵は約3kgなので、移動のときは大変ですね。

――傘回しを始めて、披露宴などの余興は増えました?

小野:友達とか、友達の知り合いに頼まれることが増えましたね。事務所にウエディングの活動のサイトができて、一番最初に営業に行ったのはぼくたちでした。

せんちゃん:傘回しをすると、餅つきのネタより盛り上がることもあるんです(笑い)。だいたい、餅つきネタの後に、傘をやります。升を回して終わりです。四角いから、難しそうじゃないですか。

小野:金輪っていう鉄の輪っかみたいなものがあるんですけど、それは技がいっぱいあるので、実はそっちのほうが難しいんですけどね。

せんちゃん:披露宴ならではということでは、新郎新婦にまつわるネタをやることがあります。暴露ネタですね。新郎の「やっちまった」ネタを聞いて、披露します(笑い)。

――傘回しは今後も続けていきますか?

せんちゃん:目指せ、(海老一)染之助・染太郎さんですね。

小野:長くやっていきたいですね。

――ライブや営業でつらいこともあるんじゃないですか?

小野:つらいのは、外。ぼくは半裸状態なので、風邪をひきやすいんです。毎シーズン10回くらい風邪をひきます。今年は耐えているほうで、調子がいいなと思っていたら、インフルエンザをやっちゃいました(苦笑)。

――やっちまいましたね。風邪対策はあるんですか?

小野:R-1のヨーグルトです。乳酸菌がインフルエンザ予防になるって聞いて、1日1本飲んでいます。今年は1日だけ飲まない日があって、多分その日にかかったんだと思います(笑い)。

――ブレイク時のことも教えてください。最高月収は300万円だそうですね。

小野:2人合わせてですね。バンバンテレビに出ていた頃は、あんなに稼いだことないので、バカバカ使いました(笑い)。ぼくはアメ車を買いましたし、せんちゃんはお酒とか、今までお世話になった友達に奢っていました。

そういえば、意外かもしれませんが、半年くらい前に、最高月収の記録を抜いたんです。CMや営業が重なって、400万円くらいいったのかな。でも、5万円の月もありますし、この仕事はわからないものです。

せんちゃん:差が激しいよね。

小野:だから平均すると、同じ年代のサラリーマンの年収と同じぐらいだと思う。仕事は正月に多くて「今年の年収、ヤベーんじゃない?」と言っていると、やがて落ちついてくるんです。

せんちゃん:毎年言うよね、「今年ヤベーぞ」って。でも3月には落ちついてる(笑い)。

【クールポコ】
インターネットの相方募集の掲示板で知り合った、せんちゃんと小野まじめの2人により、2000年にコンビ結成。餅つき風で“もてようとして格好つけている男”にダメ出しをするネタで『エンタの神様』などで人気に。小野は2010年11月に、一般女性と結婚。

【関連記事】
クールポコ ネタパクるザキヤマに感謝「おかげで仕事増えた」
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた
あまちゃん小ネタ 『スーパーマリオ』の地下面のBGM登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP