ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミセス日本グランプリ 勝因の一つは顔ヨガで鍛えた豊かな表情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「本当に信じられなくて…。自分の名前が呼ばれた瞬間は自然と涙がこみあげてきました」

 そう語る一氏瑞香さん(36才)は昨年10月、第8回ミセス日本グランプリ(30代部門)でグランプリに選ばれた女性だ。本来は極度の上がり症だという一氏さん。顔ヨガで鍛えた豊かな表情が勝因のひとつとなった。

「スピーチは29人中29番目。以前の私なら、顔が強ばって、伝えたいことを自分らしく伝えられなかったのに、その時は自然に言葉が出てきました。気持ちに余裕が持てたのも顔ヨガで表情に自信ができたからです」

 顔ヨガを始めるきっかけは、本選の1か月半前に行われたファイナリストたちが集まるパーティーでの出来事だった。

「私以外のファイナリストの皆さんが、ランウェイを満面の笑みで歩く姿に圧倒されました。直後に本選用の写真を撮りに行くと、カメラマンに“頬がたるんでる。ふだん笑ってないね”と言われショックを受けました」

 この時100枚以上撮った中でかろうじて使えた写真は1枚だけ。悶々としながら、一氏さんの頭には以前テレビで見て即効性に驚いた顔ヨガが浮かんだ。

 すぐにレッスンに申し込んだ。初めは笑顔に苦手意識があったものの、何度か筋肉を動かすうちに自然にできるように。本選まで家事や仕事の合間、エレベーターの待ち時間など暇さえあれば顔ヨガを行い、結果的に大会関係者から「別人の笑顔」と言われるまでに激変した。現在も、自宅や勤務先で毎日欠かさず顔ヨガを続けている。

 表情筋を動かしてほうれい線、たるみ、しわを解消し、小顔&若顔になる顔ヨガ。間々田佳子さんも顔ヨガで人生が変わったひとりだ。

「以前はたるみ顔、デカ顔、ニキビ面で人前を避けていました。顔ヨガで美しい肌と小顔を手にして、気持ちも前向きになり今では大勢の前で顔ヨガを教える立場になりました。

“恋人ができた”、“肌が潤った”と話す生徒さんや、頬がリフトアップした80代の生徒さんもいます。その80代の女性は、初めは“やっても変わらない”と言ってたのに、続けるうち頬に筋肉がつき表情に変化が! 顔ヨガはいくつになっても若返りを実現できます」

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
目尻のシワ解消する顔ヨガ カリスマ講師は大人ニキビも改善
「疲れ顔」に悩むはあちゅう 顔ヨガ体験し筋肉の使い方実感
ほうれい線消す顔ヨガ カリスマ講師も「幸薄い顔」から改善

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP