体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!

生活・趣味

ブエノスアイレスのカーペット工場で作られているこちらのウールラグは、敷くだけでその場が芝生みたいに様変わり。
ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!

とくに、木目状の床材と相性バツグンです。
ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!
ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!

ところどころにデコボコがあるのがポイント。まるで公園で寝転がっているような居心地が楽しめそう♪ 毛足の長さもバラバラですが、かえってそのラフさが気持ちいいかも。池や枯れ草が雰囲気にグッと深みを加えていますよね。

その他イスや、特殊なセットへの応用も。
ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!

#pastizalplayground

A video posted by Alexandra Kehayoglou (@alexkeha) on Aug 18, 2015 at 2:10pm PDT

お伽話に出てきそう…。子どもも大喜び!よくできていますよね。

トルコ絨毯の職人だった母親と
家族で手づくり

ゴロンと寝転びたくなる手編みの「芝生ラグ」がかわいい!

自身が生まれ育った、アルゼンチンの自然からインスピレーションを得ているという作り手のAlexandra Kehayoglouさん。じつは彼女のお母さんは、トルコで代々絨毯を編んできた職人家系の出身。いまは、家族みんなでカーペット工場を営んでいるとか。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会