ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z5 PremiumはAndroid 6.0アップデートで4K表示をネイティブでサポートした模様。ホームアプリやYouTubeアプリなどが4Kで描画される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4K ディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium」が Android 6.0 へのアップデートで 4K 出力をネイティブでサポートした模様です。Xperia Z5 Premium の解像度は 3,840 x 2,160 ピクセル(4K)なのですが、Android 5.1.1 までは OS が 4K 表示に対応していなかったことから Sony Mobile 製アプリと dTV などの一部のアプリでしか 4K で出力されず、他のアプリは基本的にフル HD 表示でした。それが、Android 6.0 にアップデートしてからホームアプリだけではなく、YouTube などのサードパーティアプリでも 4K で表示されるようになりました。これはスクリーンショットの解像度が 3,840 x 2,160 ピクセルになっていることで確認できます。この変化は Android 6.0 に 4K Display Mode が追加されてネイティブでサポートしたからだと考えられます。

■関連記事
HTC、HTC One M8 EYEのAndroid 6.0アップデートを開始
iFixitでGalaxy S7 edgeが分解される、Galaxy S7と同様に修理はしづらい
Nokiaの復帰第一弾スマートフォン「Nokia C9」の噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP