ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“4D”のドレス!?1600個ものパーツを組み合わせて作られたドレスが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近いうちに服飾業界に革命を起こしそうな雰囲気のある服用の3Dプリンター。3Dでも十分最先端ではあるが4Dの服が登場!? マサチューセッツデザインスタジオが”4D”のドレスを動画で公開している。

パリコレにも出れそう?

4Dというこのドレス、素材はナイロン製。1600個ものパーツを機械がくつつけて作成されたもの。

所々が透けているが、パーツが選べるので、隠したい部分は空け感が少ないパーツを選べる。

普段着というよりは、パリコレモデルなどが着るような服に近い雰囲気だ。

・デザインが豊富!ピッタリのサイズに調整可!

デザインはパソコンを使って行い、身長・体重・3サイズなどからピッタリな形を作ることが可能。

ドレスのデザインも6種類から選ぶことができ、使うナイロンの素材や色も指定ができる。

ディティールを細かく指定した後は、機械が服を組み立てくれるので、すぐに服が完成する。

ちなみにこの服、3Dでプリントされているが、服が完成すると1つの物体に見え、服を着た状態で動くと形が変わるため”4D”ということらしい。

・ボストンの博物館で展示!

このドレスの実物は、ボストン美術館の「#Techstyle」エキシビジョンいうイベントで展示も行われており3月6日から7月10日までを予定している。テクノロジーやアート分野に興味がある人は要チェックだ。

Nervous System has created a new “4D-printed” dress made of nylon petals

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP