ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べログを熟知した人物が明かす「本当の名店を探す方法」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 美味しい飲食店を探す時に役立つグルメサイトの中でも最大手が『食べログ』だ。『食べログ』は、月間利用者数が6400万人、掲載されている飲食店が82万軒という巨大サイトだが、食べログに精通したプロたちはどうやって良い店を見抜いているのか? 人気グルメブロガーの「フォーリンデブはっしー」氏が秘密を語る。

「実は『★3.0~3.3』に“本当の名店”が眠っているんです。『食通度合い』が高くない、地元の人しか知らないような『穴場』の名店がこの層に眠っている。例えば、5件しかレビューはないが、1つ1つをよく見ると全て★4以上といったお店は狙い目。こうした誰もが高く評価したお店でも、レビュアーの『食通度合い』が高くないと、総合では3.3以下になってしまうのです」

 はっしー氏は、点数ばかりを見ていてはいけないと指摘する。

「点数よりも、どんな書き込みがあるのか、どんな人が書いているのか、といったことを子細に見ていくことが大切だと思います」

 それは人が点数評価を付ける際に、バイアスがかかることがあるからだ。フードジャーナリストの松浦達也氏はいう。

「私の考えですが、人間は3万円以上のお金を支払った料理に対しては低い点を付けたがらないものです。高いお金を払ってしまったのですから、“ありがたいものを食べた”と思いたい。

 逆に単価が低い店の方が、点数が抑えられる傾向がある。あくまでも“傾向”ですが、本来安さは利用客にとって魅力のはずですが、それは★にはなかなか反映されていない気がします」

 前出のはっしー氏もこう指摘する。

「例えば観光地の有名店や料理本で紹介されているお店には高い点をつけがちです。女性のレビュアーの中には味よりも雰囲気やサービスに点数が影響される方も少なくない」

 では、何を手がかりに店を探せばいいのか。プロの「注目点」を紹介する。

「大事なのは自分が行ったことがあるお店について、自分と同じような感想をコメントしているレビュアーを探すこと。そういう人が高い評価をつけている店の味は自分の舌にも合うはず。

 その際に、レビュアーのプロフィールページやコメント内容から、自分と近い場所に住んでいる人だとわかったら凄く良いですね。同じような味・値段でも地元のお店に対する評価とわざわざ遠征した先のお店に対する評価は変わる傾向がある」(前出・松浦氏)

 迷った時は「写真を見ろ」とアドバイスするのは、前出のはっしー氏だ。

「『百聞は一見にしかず』という言葉がある通り、写真は大きな判断材料になる。特に焼き肉などはわかりやすい。肉の質感などは専門家でなくても、サシがきれいに入っているなど、なんとなくわかりますよね。最近の若者はスマホで写真を撮り慣れているので、信頼度の高い写真が多い」

 1654店に書き込みを行っている食べログの有名レビュアーのうどんが主食氏は「気になった店を“定点観測”することが大事」と話す。

「検索している時に、良さそうな店だと感じても点数が低い時があります。その時はその店をチェックリストに入れておく。定期的にリストを見ていると、日に日に点数が上がっていく店がたまにある。例えば3.0から3.3に上がり始めたくらいで店に行けば、将来の『予約が取れない店』に出会えることもある」

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
食べログの活用術 「自分の好みに近いレビュアーを見つけよ」
食べログ 高評価が多いのに評価が「3」以下になる理由
「食べログ以外を…」な人向け実名制グルメサイトが人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP