ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

口が半開き……口呼吸をしているとおブスになるから注意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

口呼吸はドライマウスや口臭の原因になったり、体に良くないと言われていますが、口呼吸が長期間続くことでなってしまう「アデノイド顔貌」という特徴をご存知ですか? 注意したいアデノイド顔貌について調べてみました。

アデノイド顔貌ってなに?

アデノイドとは「咽頭扁桃」のこと。喉には扁桃と呼ばれるリンパ組織の集まりがあって、細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ役割を持っています。一般的に腫れて熱が出る扁桃腺とは喉の奥の左右にある「口蓋扁桃」のこと。鼻の奥にも「咽頭扁桃」という扁桃があり、この咽頭扁桃がアデノイドと呼ばれています。アデノイドは口蓋扁桃と違い、目で確認することはできません。このアデノイドが肥大している人特有の顔つきを「アデノイド顔貌」といいます。

アデノイド顔貌ってどんな顔? デメリットは?

アデノイドが肥大していると鼻からの空気の流れが悪くなり、鼻呼吸が難しくなります。そのため口呼吸になることが多く、それを長年続けることで顎や頬の筋肉が弱まり、頬が垂れて顎が小さく、常に口が開き気味になることが特徴のアデノイド顔貌になると言われています。顔が変貌するだけでなく、食べるときにクチャクチャ音を立てるクチャラーになったり、いびきが酷く睡眠時無呼吸症候群になる、常に口や喉の粘膜が外気にさらされているため風邪や病気になりやすい、発音が悪くなるなどの症状が出やすくなります。見ためのみならず健康にも影響があるのですね。

アデノイド顔貌を治す方法はある?

アデノイド顔貌になる原因は、子供のころからの口呼吸の慢性化だといわれています。アデノイドが肥大すると鼻がつまって鼻呼吸が難しくなるために口呼吸をするようになります。これが長期間続くとアデノイド顔貌になってしまうようです。成長期前の子供ならば、口を閉じて鼻呼吸にする習慣をつけさせること、一度耳鼻科にかかってアデノイドが肥大していないか診てもらうことが大切。成長期を過ぎると、なかなか口呼吸を治すことができなくなります。また、顔の特徴も治すことが困難になってくるため、まずは耳鼻科での治療が必要です。投薬やアデノイド切除などの方法で治すことができるそう。
アデノイドの肥大が治ったら、ガムを噛んだり鼻呼吸用のブレストレーナーなどで口呼吸を治すトレーニングをしましょう。

鼻呼吸にすることで、風邪やアレルギーを発症しにくくなりますし、顔のたるみやむくみも起こりにくくなります。口呼吸になりがちな人は、気をつけて鼻呼吸の練習をしましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP