ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

便利なショートカットキーTOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫


効率よくPCを使うために欠かせないショートカットキー。情報を整理する機会が多いビジネスシーンでは、特に重要だ。でも、実は自分だけ使っていないコマンドもある? 仕事でWindowsのPCを使う25~34歳の男性会社員252人に調査した(協力:ファストアスク)。

【もっと大きな画像や図表を見る】

〈よく使うキーボードショートカットTOP10〉
※「便利でよく使う」と答えた人の割合、複数回答

1位 Ctrl + C(コピー) 59.5%
2位 Ctrl + V(貼り付け) 53.6%
3位 Ctrl + X(切り取り) 39.7%
4位 Ctrl + A(全選択) 31.3%
5位 Alt + Tab(ウインドウの切り替え) 29.0%
6位 Ctrl + Z(直前の操作を元に戻す) 24.2%
7位 Ctrl + F(検索ウインドウを開く) 19.0%
8位 Ctrl + P(印刷する) 18.3%
9位 Ctrl + S(保存する) 17.5%
10位 Ctrl + Y(直前の操作をやり直す) 14.3%

まずは“よく使う”ショートカットキー。上位を占めたのは、“コピペ”の基本となる3つのコマンドだ。複数の資料を参照しながらデータをまとめる時には必須だろう。続くのは「Ctrl+ A」と「Alt + Tab」。前者は上記3つとセットで使う機会が多く、複数のウインドウを展開した時に重宝する後者は、マスターすれば作業効率が格段に上がる。なお「ショートカットは使わない」という人も23.4%存在。まさか使っていない人がこんなにいるとは…もったいない!

〈よく使うExcelならではのショートカットキーTOP5〉

1位 Ctrl + PageUp/PageDown(ワークシートのタブを切り替える) 30.0%
2位 Ctrl + ;(現在の日時を入力する) 20.0%
3位 Ctrl + :(現在の時刻を入力する) 13.8%
4位 Ctrl + Shift + &(セルに外枠罫線を適用する) 13.0%
5位 Ctrl + Shift + _(セルから外枠罫線を削除する) 8.4%

続いて聞いたのは、ショーットカットの利用頻度が多いであろうExcelについて。調査対象252人のうち、Excelを使う130人に調査した。見事1位に輝いたのは、タブ切り替え。複数のワークシートが存在する場合、煩雑になる操作を楽にしてくれる。また、日々のデータ入力に利用するのか、日時・時刻の短縮キーを利用する人も多いようだ。

ちなみに、上記のほかでオススメのショートカットキーがないか聞いてみたところ、以下が挙げられた。

・Windowsキー + D(デスクトップを表示する)
・Ctrl + D(Excelで上部のセルをコピペする)
・Alt + F4(同一ソフトの複数ウインドウをまとめて閉じる)
・Alt + PrintScreen(選択されたウインドウのキャプチャをする)
・F7(選択したテキストを全角カナ変換する)

特に多かったのは「Windowsキー + D」と「Ctrl + D」。「仕事中に余計なことをしてる時、人が来たら使う」(31歳)とあるように、前者は“サボリ技”としても人気。後者はExcelユーザーに人気が高く、「コピー&貼り付けの2ステップが不要で楽」(32歳)とのこと。知らなかったものは、明日から早速使ってみてはいかが?
(R25編集部)
(R25編集部)

便利なショートカットキーTOP10はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

最低限使うべきショートカット20
仕事効率UPの便利ショートカット
PCキーボード「使わないキー」は?
何も置かないPCシンプル整理術
デスクの迷惑行為1位はタイプ音

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP