ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演のミュージカル映画『La La Land(原題)』、来年度のアカデミー賞獲得を狙う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デイミアン・チャゼル監督は、映画『La La Land(原題)』で再びミュージカル映画のマジックを再現しようとしている。同作は、12月に米劇場公開となる。

同作を製作するライオンズゲートは、当初7月15日に米公開予定だった同作を、12月2日の限定公開と12月16日の米劇場公開に変更した。この日付での公開は賞レースシーズンの中心時期であり、ライオンズゲートが、同作はアカデミー賞候補作に選ばれるであろうと考えているサインでもある。

『La La Land(原題)』が、第87回アカデミー賞作品賞にノミネートされたチャゼル監督による2014年公開の映画『セッション』の次回作となるということで、同作への期待はさらに高まっている。『セッション』は、天才ドラマーと厳しく激しいジャズインストラクターとのストーリーだ。歌やダンスの要素を加えた『La La Land(原題)』では、2011年公開の映画『ラブ・アゲイン』で共演して以来、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが再共演する。

同作の新しい米公開日は、『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ版映画『Rogue One: A Star Wars Story(原題)』と、ウィル・スミス主演の映画『Collateral Beauty(原題)』と重なる。スケジュールの変更前は、リブート版映画『ゴーストバスターズ』と同じ公開日だった。リブート版映画『ゴーストバスターズ』では、オリジナル作で主人公を務めたビル・マーリーと同僚に代わって、クリステン・ウィグとメリッサ・マッカーシーが主演する。

さらに、ライオンズゲートは、ブラック・レーベル・メディアが『La La Land(原題)』に共同出資することになったと発表した。ライオンズゲートとブラック・レーベル・メディアは、2015年秋に公開された高評価を得たドラッグスリラー映画 『ボーダーライン』を共同製作した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP