体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なんで裏メニューなの?」「面倒クサいだからダヨ!」常連さんでも知る人の少ない「北京餃子」

f:id:mesitsu_lb:20151013193340j:plain

ニイハオ!中国大好き♡アジアLOVE♡なメシ通レポーターのようこです。

今回は必殺・裏メニューシリーズ第1弾。ジャジャーン。餃子の紹介です。

さて。餃子と言えば、思い浮かべるのは焼き餃子が一般的ですが、発祥の地・中国では水餃子がメイン。餃子は戦後、日本に広まった食べ物。今では「日本発祥の食べ物じゃないの?」ってくらい、どこもかしこも餃子だらけ。その浸透ぷりったら、目を見張るものがあります。

ココ福岡にも一口餃子、鉄なべ餃子など名物餃子があります。屋台や居酒屋の定番メニューに加え、専門店も多数点在。お店によって驚くほど味が違うし、客の好みも千差万別。

だけど、みなさんお気づきでしょうか。「私(オレor僕)、餃子が嫌いっちゃんね」という人、あんまりいなくないですか? 私の周りで餃子嫌いって人は、今のところ100%皆無です。

今や国民食とも言える餃子。みんな大好き餃子。毎日でも食べたい餃子。そんな餃子の裏メニューがあるという、春吉の「長楽」さんへ、行ってきました!

f:id:mesitsu_lb:20151013193343j:plain

お店の場所は、国体道路の三光橋交差点を春吉方面に入ったところ。2本目の左手にあります。目の前はファミリーマート。

f:id:mesitsu_lb:20151013193346j:plain

店内はこんな感じ。小上がりとテーブル席。中国のランタンっぽい装飾が気分を盛り上げてくれます。

f:id:mesitsu_lb:20151013193349j:plain

店主の孫ハイヘイさん。中国四川省成都市出身。来日して28年。ちょっぴり照れ屋で笑顔が素敵な孫さんです。

孫さんは28年前、北九州でトラックの運転手をしていたのだけど、料理好きだったのが高じて中国料理店を開業。今では春吉と西新にもお店を構える人気店に。

f:id:mesitsu_lb:20151013193352j:plain

早速メニューを拝見。さすが成都市出身。パンダが表紙になっています。

※成都市はジャイアントパンダの繁殖研究基地がある、パンダのふるさとシティ。

f:id:mesitsu_lb:20151013193355j:plain

餃子メニュー。アイコンが愛らしい。餃子は全部で6種類。看板商品の「紅油餃子」にはおすすめすぎる! と書いている。こんだけ餃子のメニューが充実しているのに、裏メニューも餃子って。一体どんな餃子なのか、期待値高まるぅ〜。

ー孫さん。では裏メニューの「北京餃子」、お願いします!

孫さん:いいヨー。

f:id:mesitsu_lb:20151013193358j:plain

と、おもむろに厨房に入り、北京餃子を作り始めた。どんな餃子なんだろう。ちょっと厨房におじゃまさせてもらいました。

f:id:mesitsu_lb:20151013193401j:plain f:id:mesitsu_lb:20151013193404j:plain

まず冷蔵庫から取り出したのは、餃子の皮。こねてこねてこねくりまわして、包丁で小さく切っていく。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。