体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密

160203_takayama_001
「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密

高山 都

「mina」、「non-no」、「PS」などファッション誌のビューティーモデルとして活躍。ドラマ「ROOKIES」出演者オーディションにて1位となり「ROOKIES」に出演。その他にもドラマ「ガリレオ」や映画「容疑者Xの献身」に出演など女優としても活動。
また、1年間で120本以上もライブを見に行く音楽好きでありその知識を活かし、
東京FM「RADIO DRAGON」のパーソナリティーとして活躍。趣味はマラソン。

女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、今でも走ることをやめていない。自らを「運動嫌い」「文系女子」と呼ぶ彼女が、走ることを続けられるのはどうしてなのだろうか?

朝のランニングを趣味にしているTABI LABO代表の久志が話を聞いた。

私のラン、
朝はスイッチ、
夜はリセット。

「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密 「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密

久志 今日は都ちゃんに「走ること」について話を聞きたいと思います。走り始めて何年目になるんでしたっけ?

「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密

高山 よろしくお願いします!もう4年半になりますかねー。同じ走るといっても、朝・昼・夜それぞれで見える景色も違うし、心の持ちようも変わってくるんですよ。

「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密

久志 そうなんだ。どんなふうに走り分けてるの?

「運動嫌いな文系女子」だった私が、毎日ランニングを続けられる秘密

高山 例えば朝は、スイッチを入れるために走ります。オーディションがある日とかの「今日は勝負かけるぞ!」ってときですね。

朝は自分がゼロの状態だから、いろんなものを吸収しやすいんです。ミュージシャンのインタビューがある日には、iPodにその人の曲を入れて走ります。すると、いつもより情報が頭に入ってくるんですよ!しかも歌詞の持っているイメージと、走ってるときの風景がリンクしたりして、「なんて素敵なサウンドなんだろう!」って感動しちゃったり…。それをインタビューで伝えると、トークがめっちゃ盛り上がったりするのでオススメです。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。