ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スリル満点!「絶景」と「絶叫」を同時に味わう、崖から突き出たレストラン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまでもありません。

断崖から突き出た
“絶叫”レストラン

ここは、メキシコの奥地コッパーキャニオン(渓谷)。全世界で300万部のベストセラーとなった書籍『BORN TO RUN(走るために生まれた)』で、この地に暮らす先住民タラウマラ族の足の速さが紹介され、初めて耳にした人もいるかもしれません。アメリカのグランド・キャニオンをはるかにしのぐ大きさの渓谷として知られています。

そのコッパーキャニオンの一角に、近々オープン予定のラグジュアリーなレストラン&バー「Bire Bitori」が、“あまりにも危険すぎる!”とちょっとした話題に。それもそのはず、こちらの完成予想イメージを見てください。崖の上に建つ?いえいえ、完全に崖から突き出ちゃっているじゃありませんか。

「ひゃ〜やめて〜っ!」
叫びたくなる仕掛けが満載

メキシコの建築スタジオ「TALL Arquitectos」によるデザインは、まるでイタズラ?と思いたくなるような、スリリングな仕掛けがふんだんに盛り込まれているようです。まずは、こちらのエントランスイメージ。山側からは、一見すると普通のレストランの入り口に思えますよね。ところが、一歩中へ入ると…、

床がスケスケ〜!


どーん!これが、1階レストラン部分。と言っても、ご覧のように中央は一面のガラス張り。最初の写真でも紹介した通り、崖から突き出た店内床面はすでに崖下を望む空の上。透明の床を目の当たりにしたら、黙っていたって足がくらむはず。残念ですけど、高所恐怖症の人にはご遠慮頂いきたいスポットです。

ちなみに建物は2階建ての構造になっていて、1階が食事をしながらゲストがくつろげるスペース。2階はよりプライベート空間な展望デッキスペース。こちらのよりリラックスして渓谷の大自然が満喫できるよう、ソファー席やプールまで併設。

ひょっとすると、崖下からロッククライマーたちが、レストラン目指して登ってくるなんてことがあるかもしれません。だけど、こちらも建物が崩れてこないかヒヤヒヤものでしょうね。ガラスの床から目が合ったりして。

はるか前方の山に見える滝はメキシコで2番目、落差246mのバサセチアの滝。正面から見るロケーションも最高でしょう。

ちなみに、レストラン建設予定のこのエリアは、コッパーキャニオン観光の拠点として、ホテルやレストランが集まる地域だそう。店舗によれば、いまのところオープン日は未定。「絶景」と「絶叫」を同時に味わうには、これ以上ないロケーションであることだけは確かなようです。

Licensed material used with permission by TALL Arquitectos

関連記事リンク(外部サイト)

大洗磯前神社の鳥居「神磯」から眺める太陽 エネルギーで溢れてる・・・
「東芝の社員」しか改札を通れない。日本で一番海に近い駅を知っていますか?
長時間露光で「Route 66」を撮影。絶景タイムラプスに思わず興奮!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP