ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy S7 / S7 edge用のカーネルソースをオープンソース公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が Galaxy S7 / S7 edge の発売に合わせて、両機種のカーネルソースを公開しました。カーネルソースというのは Android のコアとなる Linux カーネルのソースコードのことです。カーネルは各種ハードウェア管理・操作のためのドライバやアプリなどのソフトウェアとハードウェアを繋ぐ機能を提供しています。今回リリースされたカーネルソースはグローバルモデルとなる「SM-G930F」(Galaxy S7)と「SM-G935F」(Galaxy S7 edge)だけのもので、他の派生モデル用は未公開。公開中のカーネルソースのソフトウェアビルドは「G930FXXU1APAW」となっており、各のリンク先でダウンロードできます。カーネルソースの公開によって、カスタムカーネルの作成が可能になります。また、Galaxy S7 用カーネルの設計図が明らかになるので、様々なハック手法が発見されるはず。Source : Samsung

■関連記事
Android N Developer PreviewのOTAアップデートでブートループ問題が発生
Android Nの新機能 : 音をモノラル出力する新オプションが追加
Huawei Watchの国内盤にもAndroid Wear 1.4アップデートが配信中、スピーカーのテスト動画も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP