ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

様々な周辺機器と合体するAndroidスマートフォン「Spider Phone」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今月上旬にドイツで開催されたIFA 2011において、「Spider Phone(KM-S300)」と呼ばれる面白そうなAndroidスマートフォンが展示されていたので紹介します。

Spider Phoneは韓国KTとその子会社のKT Techが共同で開発した端末とのこと。Spider Phone自体は4.5インチWXGA(1,280×800)サイズのタッチスクリーン、デュアルコア1.5GHzプロセッサー、1GBのRAM、1,710mAhという比較的容量多めのバッテリーを搭載するなど高いスペックながらも9.5mmと薄く、141gとまあまあ軽い端末なのですが、用途別に様々な(専用)周辺機器と接続できるという特徴を持っています。

周辺機器1つ目はノートPC型のドック。ノートPCのタッチパッドが位置する部分にSpider Phoneを差し込む(microHDMIとmicroUSB)と、ドック画面にSpider Phoneの画面の内容が表示されます。ドックにマウスを繋げばマウス操作も可能。Motorola AtrixをLapDockに接続しWebtopをする使い方と内容は同じです。

周辺機器2つ目はタブレット型ドック。タブレットの背面にSpider Phoneを接続するとタブレットとして使用することができます。ドック内蔵のバッテリーを使ってSpider Phoneを充電も可能と言われています。

周辺機器最後はゲームコントローラドック。十字キーやコントロールボタンを搭載したドックにSpider Phoneを差し込むことで、PSPのような操作性でAndroidゲームをプレイすることができます。

KTはこのSpider Phoneを今年11月に韓国で発売する予定です。
今回紹介されていたのは3つの周辺機器ですが、KTはSpider Phoneのハードウェアとソフトウェアのインタフェース仕様を公開し、機器メーカーなどがSpider Phone用の周辺機器を製造できる環境を提供する方針としています。
Source : Cetizen 


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Amaze 4G”Ruby”のプレス画像がリーク
ASUS、北米で「Eee Pad Slider SL101」を発売
Android 2.3.5ベースのGalaxy S II GT-I9100向けリークROMが公開

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。