ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エマーソン、レイク&パーマーのキース・エマーソン氏が死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エマーソン、レイク&パーマー(ELP)のキース・エマーソン氏が3月10日、米カリフォルニア州サンタモニカの自宅で死去した。享年71歳。ELPとカール・パーマーのFacebookが訃報を伝えている。

英国出身のキース・エマーソン氏は、ナイスを経て、70年にELPを結成し、キーボード奏者として活躍。ハモンドの鍵盤にナイフを突き立てたり、オルガンを傾け持ち上げたりするなど、過激なパフォーマンスも話題に。また、ロックにおけるシンセサイザー奏者の先駆けとなり、「タルカス」「トリロジー」「展覧会の絵」「恐怖の頭脳改革」など数多くの名作を送り出した。72年には来日も果たし、後楽園球場でのライブは今でも語り草になっている。

なお、4月には来日公演が予定されていた。

関連リンク

Official Keith Emerson Website:http://www.keithemerson.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP